10 28
2016

iwate-10.jpg

童話村に入ると、森へ続く道に奇妙なオブジェ。
地面に、空間に、
何か物語が流れているけど、何の話かわからない。


iwate-11.jpg


iwate-12.jpg


iwate-13.jpg


池の奥にある十字架は何に出てきたの?

村内には動揺が流れてて、
知ってる 聞いたことがある  綺麗な唄 だけど 思い出せない。

そんな不思議な世界。

iwate-14.jpg


 中に入ると童話が広がっている。
銀河が広がって風が吹いている。

薄暗い部屋の中、大きな花と大きな蟻の間にダンナが隠れていて
「わっー」と驚かされた。

誰もいなかったので思いっきり「ぎゃー」と答えてあげた。

小さな館内だったけど楽しさがいっぱい詰まっていて、いつまでも居たかった。

iwate-15.jpg









スポンサーサイト
10 25
2016

3日目

おおー晴れた!
夕べは夜遅くから雨脚が強くなり、かなり荒れた模様。
それも夜のうちに通り過ぎ今日は快晴のなか花巻へ移動。

のんびり電車に揺られて花巻に到着、バスの時間が合わなくてタクシーに乗って
宮沢賢治記念館前のバス停へ。
運転手さんに「バスの本数がないから帰りは時間をみてください」とアドバイスをもらいました。
もちろんそうします。

さて、昼食はまたもやお蕎麦。バス亭目の前にある「そば処なめとこ山」さんへ。

私達の前に二組いたけど、かなり待たされました。
観光地なのにオンシーズンは大丈夫なのかな、、、。

iwate-08.jpg

しかし注文したとろろ蕎麦と山菜てんぷら蕎麦は待たされた甲斐があったほど
美味しかったです。そば粉も素材もこだわりが感じられます。
この旅で一番美味しかったお蕎麦です。

食事の後は長い階段を登って宮沢賢治記念館へ。

iwate-09.jpg


申し訳ないけど、賢治の童話は有名なのしか読んだことが無く、この旅中に読もうと文庫本を
持ってきたけど、数ページしか読んで無く、記念館は生い立ちを知ってさらっと後にしました。

そして、あまり何も考えず共通チケットを買ったから行った童話村。
ここ、凄く良かった!
開けた山の中にあって、天気が良く風は爽やかに吹き抜けてオブジェが幻想的。
賢治の童話の世界。

それは次回に!










10 06
2016

岩手旅行を決めてから、いやもっとずーっと前から欲しいけど、
欲しいけど買うのを悩んでいた南部鉄器。

性格がずぼらなもんで、手入れが面倒臭いし、
絶対錆びさせる自身があるし、重いし、
買って1年も経たないうちに使わなくなるのが目に見える。
わかっているから手が出せなかった。

今回、岩手に行くのでいろいろ見ているうちにやっぱり欲しくなってきた南部鉄器。
せっかく現地に行くから買おうかなーと思って調べているうちに目についた
「釜定」の商品。
シンプルで素敵。でもお値段も素敵。
(買い悩んでいたのはあの伝統的すぎるデザインにも原因があった)

盛岡にお店があるので覗いてみようと思っていた。

で、やってきました。
ちいさな間取りに並べられた鉄瓶。
悩む、悩む、悩む、
人気があって予約注文だと知っていたので持って帰れないけど、
悩むー。

大枚はたいて錆びさせるのかー。(笑)

お店の人が誰も出てこなかったので、聞きたいことも訊けず
「お茶にしよっか」とダンナに声をかけお店を後にしました。

お茶しながら考えようー。

iwate-06.jpg

iwate-07.jpg

やってきたのは、近くにある「ふかくさ」
お店全体にツタがからんでます。
特等席は窓際。
先客がいたので壁際の席に座てがっかりしていたら、
帰った後に案内して頂きました。

店内には誰もいなく、窓の外は雨。
ほんのり薄暗く、ラジオが流れてる。

あー落ち着く。
南部鉄器、もうどうでもよくなっちゃった。
現地で買わないで家に戻ってじっくり考えよう。
(そしてまた忘れていく)






プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ