今夜8時の新幹線で帰るので、夕飯を何処で食べるか悩んだ末、またもや先斗町に行くことにした。
今度は路地に狙いを定めて(笑)
すると見つけた居酒屋「まっさんの家」

IMG_1490.jpg

マスターが親しみやすくいろいろ話しかけてくれるので、居心地が良くダンナのお酒が進む。

IMG_1486.jpg

お料理はどれもこれも手作り感満載で量も多め。でもあと一歩繊細さに欠けるかな。美味しいんだけど、あと一歩!
気分良く呑んで、呑み過ぎたダンナとこの後京都駅のホームでケンカをしてしまい二日間口を利かなかったというおまけ付き。

そんな京都旅でした。
教訓 旅先のお酒は慎んだ方がいいよ!
スポンサーサイト

 お昼は京都市役所近くの「末廣」で鯖寿司を食べようと決めていた。
お持ち帰りが多いんだろうな、テーブル2席の年季が入った小さいなお店。
ここは冬季限定の蒸し寿司もすこぶる美味しい。錦糸卵の下には穴子と味付けされた酢飯が隠れている。
IMG_1442.jpg 

鯖寿司は…ちょっと私たちの好みじゃなかったかな。でも美味しいことは美味しい。


IMG_1454.jpg 


食事の後はノープラン、だったら定番の観光地に行ってみようと清水寺から高台寺へ。結果、人が多すぎて清水寺への拝観は止めて三年坂、ねねの道辺りをぶらりぶらり。


IMG_1457.jpg

石堀小路のこの曲がり角が面白くてカメラを構えて撮っていたらいつの間にかひとだかり。
皆さんカメラを構えてました。
いやーここ、私の感性だから、有名な撮影スポットじゃないから(たぶん)後でなんでここ撮ったのかしら?
って思っても知らないから。

さて、最終日は進々堂からサンドウィッチを買ってきてホテルで朝食。
 
IMG_1379.jpg

パンが美味しかった~♥
(ピクルスサンドウィッチだったので汁を吸ってパンの真中辺りはビチャビチャだったけども…)

午前中は光悦寺と源光庵へ。

光悦寺は人が少なくあちらもこちらも写真に納めたくなるようなお庭。

IMG_1391.jpg

源光庵はさすがに人が多く、有名な窓の正面は密かに順番待ち(笑)

IMG_1423.jpg

こちらは迷いの窓。

IMG_1419.jpg

こちらは悟りの窓。
季節によって趣が異なるだろうけど、今の、この時期はとても中途半歩な景色。
それが今の私を物語っているようで…しみじみ。

 一旦ホテルに戻って休もうと思っていたら、バスの中で眠れてすっきりした私たち。
だったらお茶にしようと、前田珈琲明倫店にやってきた。ここは廃校した小学校を利用したカフェ。

ぎしぎしと鳴る廊下。高い窓。すり減った木造階段。
単に小学校としても造りがモダンレトロで素敵。

photo675-01.jpg

 ケーキセットを頂きました。

photo676-01.jpg

ちょっとここでまったりし過ぎて今日の目的の酒場「神馬」に着いたのは6時近く。
満席と予約済みで入れず。
千本中立売まで来たのに!
こんなに人気だとは知らなかった。
ダンナの視線がお茶なんかしなければ良かった、と私を責めてる。

先斗町に戻って居酒屋に入ったけど全席禁煙の上ふつ~のお店だったのでビール1本で退散。
煙草が吸えなくてもっと不機嫌になっているダンナ。これ以上不機嫌になると面倒臭いので
「あそこ行こう!京極スタンド」とダンナが好きな酒場に自ら提案してみる。
運良くお店に入れて「やっぱ、こうゆう所が落ち着くな…」とダンナ。

君はおしゃれカフェより酒場だよね。ダンナと行動するとおしゃれな所が遠のいていく。 

朝食の後は嵐山へ。
その前にいま話題の鈴虫寺へ。
はっきり知っているわけじゃないけど、なんかこのお寺、お地蔵さんが願い事を叶えてくれるみたいですごい人気だとか。10時位に着いたら既に説法が始まっていて大広間に沢山の人がいました。お守りを買ってお地蔵さんにお願い事を祈ります。(あれ…お、お守り何処にいった?)住所、名前とお願い事を具体的に言わないといけないので皆さん長い長い。(笑)ははは、なんで私行っちゃったんだろう。

そのまま桂川沿いを歩いて嵐山まで。

さっき朝食を食べたばかりでお腹が空かないけど、順番的にここで食べておかないと後で食べる処がないので蕎麦よしむらへ入ります。

photo672.jpg


石臼挽き十割そばを食べたけどここのお蕎麦、すごっく美味しかった!
関西のお蕎麦は期待してなかったけど、期待しないでごめんな~い!って誤りたい。腰も風味もおつゆも申し分ない。関西の蕎麦つゆだと出汁の方が強くなってそれがまた美味しい。

はちきれそうなお腹を抱えてとにかく歩いて腹ごなしをしようと、竹林、野々宮神社

photo673.jpg

落柿舎の前を通って大覚寺へ。

photo674.jpg 
 広い大覚寺と嵐山界隈をめーいっぱい歩いて若干お疲れモード。夕飯までここにいようと思ったけど眠くて眠くて京都駅行きのバスに飛び乗った。

photo670.jpg

2日目の朝食は近又。
2年前の同じ時期に京都に来た時、近又の朝食を予約しようとしたら見事満席で振られてしまった。
今回は喫茶モーニングでいいや、と思っていたらダンナの一言。
「近又で食べなくていいの?」
ええ、ええ、火が点いてしまって2日前に予約をしたらあっさり取れてしまった。

予約した座敷は奥に長い町屋の一室、窓の外には良く手入れされた箱庭。
見るからに外は寒そうな京の冬。
でも薄暗いオレンジ色の明りが灯る室内はぽかぽかで香りの良い緑茶を頂きながら朝食のお膳が来るのをのんびり待つ。
静かで
とても静かで
あぁこれだけで贅沢な朝。
 
photo671.jpg

シンプルなお膳は一口、一口、口に運ぶたびに丁寧に作られているのがわかる。
大根と地鶏を炊いた大根は口の中でほろほろ溶けて、新年だから付いてきた黒豆は上品な甘さで豆本来の味が味わえる。
この他に出汁巻き玉子が付いてくる。

この旅一番のご馳走だった。

帰り際、7代目当主が挨拶にきて近又の歴史をちょっと話してくれた。
こうゆう心遣いがまた、来たいな、と思わせる。
「今度は夜の懐石でも来てください」
と言われ即座に伺います。とは言えないけど、いつかは食べたいな。

 金曜日の夜、定時に仕事を終え東京駅に急いで向かった。
予定では京都南部で仕事を終えたダンナが先にホテルにチェックインして三条京阪で落ち合う約束だった。
でも仕事が伸びて京都駅到着が私より遅くなるので四条にあるホテルで待ち合わせた。
私がホテルにチェックインして十数分後ダンナ到着。二人揃って先斗町へ繰り出した。
行ったお店は前回も行ってとっても美味しかった「ひめごぜん」
お料理は相変わらず美味しくって女将の話も楽しい。
 
IMG_1212.jpg

京都に来た時の定番のお店になりそう。
ほろ酔い加減で先斗町から四条のホテルまで歩いた。
十分寒いけど、もっと寒いと想像してたからひんやりした空気が心地よい。
京都1日目の夜、まずまずのスタート。

お久し振りです。
ブログの更新を停止してからだいぶ経ちますがそろそろ再開しようかな…と思っています。
さぼり癖がすっかり身についてしまったのでスローペースになるかもしれませんが(それは前からか)宜しくお願いします。
 
photo669_20140113225849ddd.jpg


連休を利用して京都に行って来ました。
また、京都!?と思うかもしれませんが私も思っています。(笑)
初めは温泉でも行こうとダンナと話してたんですが、連休前日の金曜日にダンナの京都出張が決まりまして、だったら旅行も京都にしちゃえーと私が京都に行く事になりました。
京都は何度行っても楽しいからいいですが…温泉も心残り。
ブログの再開は京都旅行の話からお付き合いください。

写真は源光庵の迷いの窓(右)と悟りの窓(左)。
私は迷ってばかりだなー決断力無いし。
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ