コキアカーニバルの間だけ湊線終点の阿字ヶ浦駅から無料シャトルバスが出る。

photo633.jpg

西口ゲートからみはらしの丘まで歩くと満開のコスモスと斜面いっぱいの真っ赤なコキアが出迎えてくれる。
良く見ると上の方のコキアは色褪せてきている。やっぱり見頃は1週間前みたいだ。
 
photo634.jpg 
photo635.jpg

夕陽に照らされて燃えるコキアを期待していたけど、この日は綺麗な夕焼けにならなかったので
予定より早く切り上げてきた。コキア以外にも見たかったけど(JYJのライブ会場が何処だったか?とか…)
広い海浜公園でコキアに夢中に成りすぎてすっかり忘れていた。
また行きたいけど遠いのがネック。
春の真っ青なネモフィラも綺麗なんだよね。

photo636.jpg 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


スポンサーサイト

photo628.jpg

ひたち海浜公園にコキアを見に行ってきました。
上野からスーパーひたちで勝田まで、勝田からひたちなか海浜鉄道湊線でまずは那加湊駅まで。
湊線の勝田駅ホームには望遠レンズを携えた撮鉄の方が数人。
畑の中には三脚を立てた人も走る車内から見えた。湊線には乗りたかったのでちょっと嬉しい。
各駅の駅名看板もその地域の名物をデザインしていて楽しい。
しかし自分がどんどん鉄子と化しているのが怖いわ~。
でもローカル線って情緒がありますよね?

photo629.jpg


 那加湊で途中下車したのはおさかな市場で昼食を食べる為。
東光庵で三浜丼を食べました。かつおと甘えびが美味しかったしお米も美味しかった!。
でも量が多くてさすがの私も全部は食べられなかった。

photo630.jpg

満足のお昼の後は電車の時間まで市場見学。

photo632.jpg

このまま帰るんだったら
いろいろ買いたかったけど、一番の目的は海浜公園。ここで生のもを買うわけには行かず…。
岩かきも食べたかったけど、お腹に入る隙がない。

 那加湊駅に戻ってきて猫のおさむとミニさむを探したけど、どうやら巡回中のようで姿は見えなかった。
さぁいよいよひたち海浜公園へ。

photo631.jpg

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ





photo627.jpg 

「畑のキャビアだよ。」
年配の女性が話していた。
「寝っこから引っこ抜いてほうきにしてたんだ」
 
そうか、
コキアはほうき草。
ほうき草の実はとんぶり。
私が大好きなとんぶりはコキアの実。





photo626.jpg

「ねぇ、あの海にダイブしたい」
「やめとけ、お前の体重で潰れるから」

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

photo622.jpg
MAILLEのビネガーが壮観だわ~。
ということで初めてのお料理教室に行ってきました。誘ってくれたのは写真初級WSのお仲間。久し振りに皆さんに会っておしゃべりしたのも楽しかった~。小さなアイドルも参加して楽しませてくれました。
 お料理教室は先生のご自宅で、陽射しと風が入る明るいキッチン。写真の撮りがいがありそう。
家庭科の調理実習のように皆で作るのかと思ったら先生が作業をするのを味見しながら拝見。前菜の葱のマリネと卵のポシェは作れそう。海老スープはこ、根気がいりそうだ。パエリアは絶対作りたい。復習をかねて近いうちにつくろう~と。デザートのチュロス。あんなに生地を練るのが大変だとは知らなかった。揚げたてはもちもちして美味しいの。
 仕事が終わってから夕飯を作ると雑になるのよね。お料理は丁寧に作らないとダメだなーと改めて思った1日でした。
先生、ご一緒した皆さんありがとうございました。また、お会いしましょう♡
 

旅最終日。
チェックアウトぎりぎりまで温泉を楽しんで熊本駅に戻ってきたのはお昼近く。しっかり美味しい朝食を頂いたのでお腹も空いていなくて、まずは路面電車に乗って熊本城見学。熊本の道路は広く長崎の町中を車とぎりぎりに走る路面電車とはまた違う景色が見られる。
photo623.jpg

 威風堂々とした熊本城はかっこいい。中は城にありがちな展示品。そして展示るすものが無くなるのか日本のお城の写真パネル。いろんなお城に行ったけど、これ、、、かなりの確率であるよね。
そして忍者も武士も勢ぞろい。(笑)拙者…とか言ってたけど道を聞いたら「それはですね…」と現代語。道案内も時代劇風だと思ったのに(笑)

新しく建設したぴかぴかの本丸御殿。
中に入るとまずは復元過程の某大手建設会社の説明パネルや道具。隣にいたおじさんの
「大工具道具の展示会か!?」には笑ちゃった。

お城を後にしてアーケード商店街が充実しているはずれで熊本ラーメンを頂きました。
うん、普通に美味しい。
photo624.jpg

その後は水前寺成趣園。熊本市は湧水の町らしく園内の水がとても澄んでいる。無数のトンボが傾き始めた陽を浴びて煌めいていた。
photo625.jpg


初めて行った熊本、去年のゆるキャラグランプリを取ったくまもんが幅をきかせていて、くまもん祭り。
丁度何かのイベントがあってくまもん、人口呼吸してました。
 
ということで、長崎・熊本旅行記終わりです。
本サイトで詳しい旅行記をつづってます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


島原で行ったのは武家屋敷。普通の住宅街に三軒の武家屋敷だけだけど道路には水路が通る情緒ある地区。
 
photo618.jpg

もしかして突然カメラが直るんじゃないかと持ち歩く。

photo619.jpg

武家屋敷にあったうさぎの欄間、これは一眼レフで、ここはアンダー設定でOK!(虚しい…)
移動時間の接続が悪く島原を観光できたのはここだけ、あとはフェリーターミナルでお弁当を食べながら時間をつぶしていた。
 今度は島原からフェリーで熊本に短い船の旅。
熊本駅からJRで15分、宿の送迎で20分走った植木温泉が今宵の宿。とろとろの化粧水のような温泉に惹かれて決めた。ちょっと誇張じゃないの?と思ったらすこーし匂いがある透明のお温泉は本当にとろとろのすべすべ。体を洗ってもぬるぬるなので泡が落ちてないように思えて何度も洗い流してしまくらい。

photo620.jpg


部屋は全て離れで大きな露天風呂付き。好きな時間に好きなだけ入れる良質な温泉。部屋はちょっとチープだったけど、食事は抜群に美味しくてこの旅1番。

photo621.jpg


この日はブルームーン。
温泉に浸かりながら満月を見上げる贅沢。
幸せ。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

3日目の朝。
近くの白雲の池まで朝のお散歩。誰もいない池には鴨が一匹静かに泳いでいた。
桟橋に留まった鴨をシルエット気味で撮りたくてf13 露出が-1/3で設定。
少し暗めに撮って今度は明るく爽やかに!と思い設定を変えようとダイヤルを回すが数値が動かない。
なんか…いや~な汗が背中を伝う。
落ち着いて、落ち着いて、もう一回ゆっくり回す。
が…ダイヤルは動くけど数値が変らない。一回レンズを外して付け直しても同じ。
だって、さっきまで普通に動いてたじゃん。
私の知らない数値をロックする機能がどこかにあるのだろうか?とカメラを回して眺めて見てもない。
もしかして昨日蒸気の中カメラ剥き出しで雲仙地獄を歩いたせい?
もう!もう!もう!何故壊れた~!
しかもf13の-1/3って!何とってもどんより曇りのような写真。せめて露出が+で壊れてくれたらこの先もどうにか写真は撮れそうなのに!-1/3って!
泣きながら宿に戻りました…。
 
photo616.jpg 
命をかけた設定でも、鴨、シルエットにならず、、、。(涙)


この先写真がないのか、、、写真がない旅なんて、、、
と思ってたら、そうだ軍艦島でダンナがコンデジで写真を撮ってた。私は一眼レフを持っていくからコンデジは用意してなかったけどダンナが自主的に持ってきていた。
「コンデジ、持ってたよね?充電器って持ってきてないよね?」
「あるよ」とダンナ。
この時ほどダンナが光輝いて見えたことはない。
この先からコンデジ写真です。うちのコンデジ古いからイマイチだけどあるだけまし。

そして今日の雲仙は青空に爽やかな高原のような気候。とっても涼しい。
 
photo617.jpg

この青空のなかで雲仙散策をしたかったな。カメラ壊れたけど。
さ、、、宿をチェックアウトしたら島原に移動です。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
10 05
2012

カメラが修理から戻ってきた~。
出してから10日あまり。
前回、修理から戻ってきてすぐ壊れたから優先してくれたのかな?
接触不良で上部カバーの交換。
入ってて良かった長期保証♪
今のところは正常に動いてます。

3週間は戻ってこないと思ってたから良かった~。
三連休に間に合った。

9月はまるまる写真が撮れなかった。
それで気づいた。
すっごく写真が撮りたかった。
手元にないと余計に撮りたかった。

この気持ちでどんな写真がとれるんだろう?

(手元にきたイマ、写欲が落ち着いてきた気が…)
IMG_4619.jpg




プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ