photo611.jpg

に、今日行ってきました。
ダンナの強い要望で。

9月の三連休に一回いったんですが、時間は午後2時 チケット購入に35分、入場に80分。
正直そんなに人気があるとは思っていなくてこの長蛇の列にすぐ諦めて江戸資料館へ変更。(笑)

そして今日は事前にチケットをコンビにで購入して9時45分東京現代美術館へ。
既に長蛇の列…。
でも開場してからは10分程度並んですぐ入館できました。
音声ガイドを借りてスタート。
初期の映画特撮物、「モスラ」「海底軍艦」等々。モスラは知っているけど、知ってるだけなので私は「オォー」くらいだけどダンナは食いつく、食いつく、これ、知ってる、アレも知ってるを連発。
撮影オリジナルには感慨深く見いちゃってたりして。
特撮怪獣物を抜けた先はウルトラマンシリーズ。
久し振りに見たセブンはやっぱりかっこいい。
子供の頃のりかちゃんごっこの恋人はウルトラマンセブン。ちゅっとキスさせてたなー。タローも好きだったよ。
で、やっぱり男の子、ダンナの食いつき方が異常だった。それにもまして音声ガイドを聞いているのに廻りのマニアックな人々の自己満足な説明で全然聴こえない。歌っている人もいたよ…。

そしてたぶんメインであろう「巨神兵」の特撮映画。
えーと、ゴメン ワタシ ナウシカ 見てない YO!
見てないのでさっぱり。そしてダンナも現代の特撮に興味が無いらしくさっぱり。

その後にも映画で使われた小道具やらなんやら展示されていたけど、入館して3時間、疲れてきて、そして暑くてちょっとぼーっとしてきてダンナを置いて一休み。

そして最後のコーナーは撮影OKなミニチュアセット。
ホント、良く出来てるわ。
photo612.jpg 

photo613.jpg 

photo614.jpg 

photo615.jpg



ここでは一眼レフが欲しかった…。

10時に入館して出て来たのは2時半。
疲れるはずだ…。
私はそんなに特撮には食いつかなかったので半分位は頭から抜け落ちてる思われる。
それにしても小さな子供から年配の人までみんな特撮って好きなんだね!

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト

2日目。
諫早からバスで雲仙を目指す。
照りつける太陽と湿気が凄く歩くだけでバテてしまう。
背中に当たる鉄骨が痛い背もたれのバスに揺られ1時間半。諫早を出た途端みるみるうちに雲行きは怪しくなり叩きつけるような雨に変わった。
それでも雲仙に着く頃には小雨に変わり、宿に荷物を預け散策する頃には雨も上がっていた。
 
photo608.jpg


雲仙地獄。
地肌から上がる水蒸気と霧で辺りが白く霞んでしまう。

photo609.jpg

photo610.jpg


町を散策するとリゾート地に来たような建物が並んでいて高原の別荘地を思わせる。
雲仙は九州の軽井沢と呼ばれているらしい。

民芸調の宿はもちろん温泉。
硫黄臭たっぷりの温泉はやっぱり気持良い。
計3回入りました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

TOKYO STATION VISION を見た次の日。友人とメキシコ料理を堪能してきました。その前にカメラが戻ってきたし写真を撮りに行こう!と行ったのが代々木上原にある東京ジャーミー、トルコのモスクです。
モスクの前にお茶をしていたら…異常無しだったカメラがまた故障!絞り値も露出もシャッタースピードも数値が固定されて反応無し!
なんだよー!
直ってないじゃんか!
がっかりだよ!
でも今回はf5.6の露出は+だったのでどうにか写真は撮れる範囲。
それでガンマンしよう…。

photo602.jpg

さてモスクですが私にはなんだかお馴染みのデーツ。(笑)
スタッフからイスラムの教えを聞き、説明を受けながら見学。
丁度礼拝が始まるからそれも見ていってください、と。
モスクに入ると目に入る高い天井のドーム、白い壁にブルーと赤の模様が綺麗。

photo603.jpg

常備されている白い布を頭から被り女性専用の2階から静かに見学。

photo604.jpg

丸いドームに朗々と響くコーラン。

photo605.jpg

一気に異国に変ってしまった。

photo606.jpg

心もトリップ。

メキシカンはとっても美味しかったけど、店内が暗すぎて私のカメラの設定では撮れませーん(泣)

photo607.jpg

やっと涼しくなっていい季節なのに、、、。
また3週間は戻ってこないんだろうな。
カメラ、直らなかったらどうしよう。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

先週ようやっと修理に出していたカメラが戻ってきました。異常無し!として…。
メーカーに到着した時にはすでに正常に動作してたんだって!
何故!?
戻ってきたカメラは絞り値も露出もシャッタースピードも数値が動かせる。
何故!?
よくわかんないけど、直ってるならそれでよし!
ということで先週土曜日、カメラを持って東京駅に行ったら運良く「TOKYO STATION VISION 」なるイベントが開催される模様。まだ5時だったので綺麗な東京駅に感嘆の声を上げながら軽く呑んで8時前に戻ってきたら、
そこは信じられない人の多さ!木村屋のパンでも齧りながら気楽にみよーと思っていたら、パンなんて食べている場合じゃねぇ。
人混みを掻き分けどうにか見えるポジションに落ち着いた。

tokyo-station01.jpg 
tokyo-station02.jpg 
tokyo-station03.jpg

始まりは東京駅の窓に光が灯った映像でそこに人が歩くシルエット。
その人たちが流れ始め窓は列車に変わっていく。

東京駅の窓、形にピッタリ合う映像。
オープニングから大興奮。

イベントはあっという間に終了。

その後、もう1回あるはずが人が集まりすぎて中止。
見られて良かった。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

軍艦島の後はホテルにチェックインして夕方から稲佐山の夜景を見にでかけた。低い山からの夜景は街の明かりが近くて迫ってくる。でも節電のせいか明かりが弱い。
 着いた時には綺麗に見えていた夜景がみるみる内に霧がでてきて視界を覆ってしまった。時々吹く風で夜景が見えたり見えなくなったり、そのうち雨も降りだしてきた。降りる頃にはロープウェイへ行く道も霧の中…。

photo600.jpg


夕食は思案橋付近にある鱧専門店「のさ庵」。鱧好きのダンナにはほくほくのお店。もちろん鱧以外にもメニューは豊富。九州はお魚が美味しいと思う。

photo601.jpg


〆は思案橋ラーメン。以前食べた時はびっくりするぐらい美味しい!と思ったけど今回はなんか味が薄く感じる。味が変ったのかな?なんだかがっかり。

ラーメン屋を出ると土砂降りの大雨、少し軒の下でまってるとからっと雨がやむ。これも台風の影響なんだろうか。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

前日は台風14号で大荒れだったという長崎。一番の懸念は軍艦島に上陸できるかどうか。旅の日程上初日の午後しか行ける日が無く、電話で確認後とりあえず出航はすることに決まった。軍艦島クルーズは数社あるなか常盤桟橋から出航する二社のうち残席があったシーマン商会でお願いすることにした。

船で40分、湾の中の説明を受けているうちに軍艦島が見えてきた。台風の影響が強く波が荒くてなかなか船をつけられない。判りづらいけどこんなに高くなり上陸するのにも大変。

photo591.jpg

軍艦島は良質な石炭が取れるので栄えた発掘現場の廻りを埋め立てた人工の島。この小さな島に生活できる一切の施設があり最盛時には5000人の住人がいて当時の東京より人工が多かった。エネルギー革命によって住人は島を離れ廃墟となった島。過酷な作業でもここには三種の神器が揃う豊かな暮らしがあった。

photo592.jpg

青空に鳶の鳴き声。
風と波の音。
強い陽射しの中静かに佇むかつての…

photo594.jpg

photo593.jpg

地下ケーブルで近隣から電気が送られていた残骸。

photo595.jpg

当時は明るくて灯台は必要なかった。廃墟となった後に作られた灯台。

photo596.jpg

色のない世界の中、唯一色がある建造物。

整備されているのは外から見えるほんの一部で見学できるのもその範囲。自由に見られないもどかしさがあったけど、うまく表現できない何かがありました。 
09 12
2012

越後湯沢でお世話になった宿はこちら松泉閣 花月
photo590.jpg


いわゆる温泉旅館だけど、その心配りには感心してしまった。なんてったて浴場で脱ぐ自分のスリッパが区別つくようにスリッパの上に置くシートがあるの!それに浴場にはフェスタオルが常備してある。これって最近は当たり前なのかしら。雲仙の旅館もそうだった。温泉って何回も入るからタオルが自由に使えるのは嬉しい。

到着してすぐロビーで抹茶の接待。部屋にもお茶菓子が置いてあるし。部屋も広いし、ロビーにはライブラリーもある。
 
photo589.jpg


スタッフの皆さんがいつも笑顔で和やか。夕食時には大女将の挨拶付き。でもこれって私は苦手、粋な話が出来ないもんで。

それにしても長崎・熊本と二週続けてバラエティ豊かな温泉に入れて幸せ♪
心なしか四十肩の調子がいいのよ。治りつつあるのかしら。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
09 11
2012

友人と合流した翌日、出向いた所は越後湯沢から電車に揺られ20分の塩沢。三国街道の宿場町として栄えた塩沢宿を再現した「牧之(ぼくし)通り」が見所。まだ新しくどこも綺麗。雪よけの屋根、雁木に吊るされた風鈴が心地よい音色を奏でている。
photo585.jpg


のんびりお店をひやかしながら1時間ほどで見終わり越後湯沢に戻って昼食の後、湯沢散策。30分ほど山を登ったところにある不動の滝。汗をかいた体にとっても冷たい神水が美味しい。滝つぼから冷たい風が吹いて体を冷却してくれる。
心地よい静寂。二人して何も話さずただただぼーっとする。
photo586.jpg 

photo587.jpg

リラックスした後は温泉、温泉。ガーラ湯沢駅に近い山の湯共同浴場へ。夕方のせいか地元の方が後から後から来る小さいな温泉。無色だけどここは硫黄の匂いがする。
photo588.jpg

帰りの新幹線もしゃべり倒し。
冬の湯沢ならスキーで賑わうだろうけど、夏の湯沢は派手な観光がなくどう過ごそうかな…と思ったけど、自然と水が豊かで温泉があってしみじみといい所だった。
久し振りの友人との旅もお互い新しい旅の発見があったみたいで楽しかった。最後に一緒に旅した20代の頃より旅の楽しみ方が変ったよね。二人供、よりマニアックになっているみたい(笑)

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
09 10
2012

長崎・熊本の旅行記の途中だけど、先週末越後湯沢に行って来ました。友人がスケッチコンテストで金賞を取りその福賞が宿の無料招待券だったので誘ってくれたのです。平日しか利用できないので金曜日に有給を取って金・土の一泊二日でした。なのに当の本人が休みを取れず到着が夜になるという可愛そうな結果に。(笑)だから私は先に湯沢入りして一人で遊んでいました。
帰宅後ダンナに説明しながら写真を見せていて「Tちゃんが7時くらいに着いてさぁ」と言ったら、「えっ昼食のお蕎麦は一人で食べたの?」と。
だーかーら言ったよね。Tちゃんは仕事で遅くなるから先に一人で行くんだって!
「えっそうだっけ?」何も聞いてないうちのダンナ…。

 越後湯沢で一番楽しかったのは改札を出ると広がる綺麗なお土産通り(笑)
photo581.jpg

奥にあるCOCOLO湯沢、ここに5回も通っちゃったよ。お米とお酒の専門店でとっても楽しい!試食もあるし有料だけどお酒の試飲もある。
photo582.jpg


それからバスや電車の車窓から見える一面の田圃。何処までも続く田圃にさすが新潟!と感心したり。先週熊本で見た田圃はまだ青々としていたのに湯沢は色づいて黄色くなりかけている。
photo583.jpg


バスで30分走った先にある大源太キャニオン。本数が少なく帰りのバスが二時間半後なのに小さな湖は1時間もあれば見終わってしまってあとの時間は湖の畔に座り込んでずーっと景気を見ていた。出発まで天気予報が雨か曇りだったけど青空が広がる良い天気になって良かった。もっと涼しいかと思ったけどじっとりと暑い新潟。東京とそう変わらないかも。それでも青い空に無数のトンボが飛びまわって、湖には魚が跳ねて、セミの鳴き声も疎らで、夏の終わりを感じる。
photo584.jpg

湖の入り口にあるレストランのソフトクリーム。バニラと黒ゴマ。とってもあっさりしている。どんどん溶けて手がべたべたになったけど綺麗な水の川で手を洗ってしまえば問題なし。
カメラが壊れて修理に出しているので今回の写真は古いコンデジで。デジイチがあればバスが来るまで快適に時間を潰せたのに…。

つづく







09 02
2012

夏休みをとって昨夜三泊四日の旅から帰ってきました。
1週間前にダンナの夏休みが急に決まりまして、しかも行き先も変更。
飛騨高山・白川郷を考えていて、いつ夏休みが決まってもすぐ行けるように、
宿もルートも調べあげていたのに実際夏休みが決まったら
「特典で飛行機が取れるよ」と、飛行機での旅に変更。
1週間しかないのに初めからやり直し。
急な仕事も入って連日残業。
調べ尽くす時間がないなかで良くやった方ではないかと思う。

旅先はこちら。
photo580.jpg


1日目 長崎(軍艦島・稲佐山夜景)
2日目 雲仙温泉
3日目 島原・熊本(植木温泉)
4日目 熊本城・水前寺成趣公園

ちょっと移動が多くて無駄な時間が多かったけど、私達の旅にしては珍しく
歩きまわる時間が少なくゆったりとした旅でした。

九州・四国大雨警報と台風14号のおまけが付いてきたけど。
それらをうまい具合に潜りぬけほぼ予定通りの日程をこなしました。

途中でカメラが壊れるという痛恨の一撃を浴びたけどね。

旅行記は次回から。

さっ今週は友達との旅が待ってるぞ!
カメラは壊れたままだけどね!

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ