上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05 30
2012

 お茶を飲みながら、「肩がいたくてねぇ…」と言う母の話を聞いていた。
結婚したての頃、肩を押さえて「肩があがらなくてね…」と言う義母の話も聞いていた。
共に私は20代だった。
そんな肩が痛くてね…な日が私に来るとは!

痛み出したのは今年の2月あたりから、ただの肩凝りだと思っていたから時期に治ると踏んでいたのに、痛みは少しづつ激痛に変わって何かを掴もうと咄嗟に伸ばした腕から肩に走る悶絶する痛み。病院に行ったら「肩の関節は異常はないです。骨と骨の間の筋肉が薄くなって骨と骨が擦れるから痛いんですね、これが四十肩、五十肩ですよ」

とうとう、
とうとう、やってきた四十肩!

注射を打って貰ってだいぶ痛みも治まって肩も動くようになったけど、
起き抜けに無意識の伸びをした時に走る痛みですっきり目が覚める今日この頃。
やっぱり痛いんだよぉ…。

もうね、メガネをかけてても夜、見えないんですよ。看板の字が見えづらくて待ち合わせした友人の顔も見えなかった。次は眼科か!?老眼鏡か!?

ああ~。
photo544.jpg

バラを見て慰めよう…。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト

 都電荒川線沿線のバラが咲いたら一日乗車券を買って沿線散歩をしようと企んでいた。先々週の土曜日はまさにうってつけの日。まずは大塚駅前で降りてバラ撮影。

photo535.jpg 
 大塚駅前から向原の両線路脇にはバラが咲き乱れ植物園並の品種が揃っている。撮影に夢中の間、ダンナは暇そうに辺りをうろうろ。まだまだ撮りたいけどいい加減切り上げて次は鬼子母神。けやき通りには良さげなカフェが出来ていた。

photo536.jpg 

 鬼子母神境内には創業1718年の駄菓子屋がある。お店には看板猫。ネコちゃんは年なので店主と話していてもおやすみ中、
写真を撮ってもおやすみ中…。
ラムネを買ったら面倒くさそうに方目だけちょっと開いた。

photo537.jpg

空気が澄んでいて木漏れ日が気持ちよく風が吹きぬけていく。樹齢600年の天然記念物のいちょうが神々しい。
 また都電に乗って今度は荒川車庫前で下車して古い都電見学。

photo538.jpg

 まだ小学生位の時、叔母さんが友達に会うのに何故か一緒に連れていってくれた。覚えているシーンは下り坂になっている道路に自分が乗った電車と車が並行して走っている光景、あれはたぶん飛鳥山から王子駅にかけての線路だったのだろう。ここだけのシーンが鮮やかに焼き付いていてその電車が都電だったんだなと大人になって気がついた。
 丁度都電が来たので一駅だけど乗車、だって一日乗車券だものね。降りたのは荒川遊園地前。はい、たこせんのお店へ行きますYO!。私が並んでいる間にダンナはビール探し、、、
 
photo539.jpg
2枚のえびせんの間にマヨネーズとつぶれたたこ焼きが2個、たこ焼きがとろっとしててうまっ!
たこせんの他にたこ焼きも買ってダンナは嬉しそうにつまみながらビールをグビッ。
駅前の公園でまもやバラを堪能して次は荒川一中前で下車。ジョイフル三ノ輪の商店街を探索しながら終点三ノ輪駅まで。
 
photo540.jpg 
photo541.jpg 
「女性がジーンズ姿で写真を撮っているのが良いね」と言う写真が趣味のおじさんに話しかけられ暫しお話をしていた。ここ最近私のキーワードになっている「植村直巳」の名前が出てきた。名前が出てきただけだけど、これだけでもこのおじさんと話た意味があるような気がする。
 さて最後はダンナがチェック済みの酒場へ。これだけの為にダンナは私の撮影散歩につきあってくれる。むしろ酒場に行きたいが為に出かけたがる。
photo542.jpg

「遠太」古い木造の家の匂い、高齢のお母さんに注文するのが申し訳ない気がするけど、ぐいぐい頼みます。常連さんとお母さんの三社祭の話をつまみにまったり過ごす。

photo543.jpg


〆はジョイフル三ノ輪にあるお蕎麦屋「砂場」大阪の蕎麦屋らしくつゆの出汁が効いているけどお蕎麦は普通。
さぁ帰りも都電荒川線に乗って帰ります。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

 平日の夜、ゴールデンウィーク中に京都に行った友人と地元で待ち合わせ。私も雨女だけど、彼女も相当雨女だと思う。(彼女曰く京都だけ、だそうだ)なんだか彼女が旅行に行っている日に「雨降っているけど大丈夫かしら…」と心配している回数が多い気がするのよね。そして「えっ!」というような面白エピソードが多いのよね。今回は京都に着いたらやっぱり雨で一回宿をキャンセルして本気ですぐ東京に帰ろうとしたら、東京も雨で戻っても雨なら…と宿を再予約したと聞いて「えっ!」と思ったわ。雨でも京都に着いてすぐ帰るなんてありえん。

 毎回毎回沢山のお土産をくれる彼女。今回は何が入っているんだろうと楽しみになってきている。(旅先でのお土産選びと持って帰る重さを考えると大変だとう思う。私なんてお土産を買うのが億劫な時があるもの)いつもいつもありがとうね。
photo534.jpg

友人は京都に行った前の週には奈良にも行っててお土産に貰った明日香村限定の白雪ふきんに葛こんにやく山くらげを益子の陶器市で買った作家さんのB級品器に盛ってみました。

 もう、夏の旅行先まで決まっている彼女。あー私の夏休みはどうなるんだろう。またもやダンナは休みが取れなさそうな勢いで仕事を抱えてる。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

 ロベール・ドアノーのパリを堪能した後は大江戸線西新宿5丁目駅でダンナと待ち合わせ。路地裏にある「品川亭」へ、また酒場か…なんて思っていたらお店の外観を見ただけで粋な感じ。橙色の灯りが漏れる戸を開けると小さなカウンターと一テーブルの小上がりがあるこじんまりとしたお店。至る所に七福神が飾られているのも特徴がある。
photo528.jpg

 先客は一組。優しげな女将さんと愛想のいい板さんでお料理も美味しい。
photo529.jpg

心地よい静かさの中でお酒を傾けると呑めないのに呑めてしまう。
photo530.jpg

後から団体さんが2階に常連さんが1階にとお客さんが来たけど狭い店内なのでなんだか和やかな良い雰囲気。
お店の優しさがお客さんにも伝わる優しい時間でした。

photo532.jpg品川亭

住所:東京都新宿区西新宿4-13-13
tel:03-3378-1178
都営地下鉄大江戸線「西新宿5丁目」駅より徒歩5分




 恵比寿の写真美術館で開催中のロベール・ドアノー展に行って来ました。
13日までなので仕事が終わってから行ったら程よい混み具合でじっくりゆっくり見れました。大抵はポストカードで見にするだけで、ドアノーの名前は知っていても写真展は初めて。
写真はくすっと笑えるのがあって、
ほのぼの幸せになって、
そして無償に泣きたくなる、
のは何故だろう?

photo527.jpg

有名な「パリ市庁舎前のキス」
キスの写真は数点あったけど、この写真が有名になったのは何故だろうと自分なりに考えて見た。
恋人達が歩いていてふいうちに男性が引き寄せてキスしたのよね?
このふいうちがポイントよね。
だってどきどきするもの。
そして女性の顎のライン。上向きにあがった顎の角度がセクシーだし男性の下向きの顔もいいよね。
ってことはこれは理想的なキスシーンよね。
パリでこんなキスをされたら女性はもう!もう!(あれ…男性も!?)

そんな馬鹿な事を考えながらこのコーナーを見てました。妄想炸裂。(笑)

撮った写真は右下の人物がおじさんじゃなくお嬢さんを入れたかったわ。
05 09
2012

photo523.jpg

 5日は後半連休唯一の快晴。前日夜から何処に行くか話合った結果リベンジの荒川土手…。
何故…土手?
遠出をしようとあれこれ考えたけど、混んでいるゴールデンウィーク中にわざわざ行きたい所も無くそれならのんびりしようと、パスタを作ってお惣菜を買ってまた荒川の土手。お弁当は近くの親水公園で食べてたけどダンナがやっぱり土手に行きたいと。私は生まれも育ちも結婚後も今いる所と変わらないので子供の頃からちょっと遠いけど荒川の土手は遊び場の一つ。家族で花摘みにきたり段ボールを引きづって友達と来たり中学校のマラソン大会はここ荒川の土手だった。でもちょっと遠いのよ。
でも、結婚後ここに移り住んだダンナには新鮮みたいで「土手が好きなんだよなぁ、、、」と。
photo524.jpg 
この日は暑いくらい晴れて食べた後はごろり。陽にあたりたいダンナと日影がいい私とシートは丁度半分の位置に敷いたけど、陽が傾くにつれ日影が少なく結果私も焼けた。
photo525.jpg 
カシスオレンジのカクテル缶を呑んでほろ酔い気分で音楽を聴き、自分の世界に浸りながら撮る写真はチョー楽しい。
photo526.jpg 
草むらの斜面に這いつくばって撮っていると上を歩く人がぎょっとしているのを見るのも楽しい。
 この日の夕飯は冷ややっこと素麺。すっかり夏気分。

 6日連休最終日。
またもや午後から雨予報。なので自転車で行ける範囲の大きめな商店街へ。ダンナはビール片手に、こんな休みも偶にはいいよねとご満悦そう。私はアイスクリーム。商店街を堪能して戻ってきた地元のスーパーを出たら空は真っ黒。ダンナは先に帰るからな、と私を置いて猛スピードで自転車を走らせ去って行った。
薄情者!
私はバスに阻まれ、車に阻まれ途中から大粒の雨に降られ少し濡れながら帰宅。雷が鳴り雹が降る悪天候。夕方、テレビを付けると栃木、茨城に甚大な被害。自然は恐ろしい。

夜、だらだらしながら「もう、連休も終わりだね。休みって早いよね」と言うと、
「やっぱ、旅行に行けば良かったかな、この連休、何やってたんだろう、、、」とダンナ。
はっ?
偶にはこんな休みもいいねって言ってたじゃん。
 今年の連休前は私の仕事が忙しくて旅行の計画を立てるのも探すのもしんどくて私は何もしなかった。でも、ダンナはゴールデンウィーク前に温泉旅館を探してたんだよね。何処も満室であきらめたんだけど。私としては陶器市に行けたしSLにも乗れたのでわりと満足。でも後1日くらい遠出をしたかったかな。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ



05 07
2012

曇り時々晴れ午後から雨。
この日の天気。
昨日は土砂降りの中での陶器市。もう雨に濡れたくなかったし雨の中を歩くのもうんざり。だけど外には行きたい。かと言って行きたい場所もない。どうする?何する?を連発した後お弁当を持って荒川の土手に行こうと決まった。一昨日のカレーとマカロニサラダを作ってパンといくつかの惣菜を買って自転車で30分、荒川の土手に到着。

photo522.jpg

少し晴れ間もあって気分はいい。数少ない土手の上の木陰にシートを敷いてランチ。

photo521.jpg


食べ終わった頃に少しはあった青空がみるみるうちに見えなくなってポツリポツリと雨が降り出した。急いでシートを畳んで撤収。帰りにスーパーに寄ってお買い物。ついつい昨日かった器に合うメニューを考えてしまう。(大した物は作れないけど)ダンナがしょうが焼き食べたいというのでメインはしょうが焼き。それを昨日買った器に盛ったら、なんか高級そうに見えた。(笑)
 夜は録りためた番組をせっせと消化。「エウレカセブンAO」「へうげもの」「ヨルムンガンド」、へうげもの以外は面白さがまだわからないけど。
さて明日は快晴、何しよう。
05 05
2012

photo513.jpg
 最悪に土砂降りの後半連休初日。後半もなんにも予定が入ってないのに、なんでこの日にしたのかなー。
正解は商品が無くなるだろうから早目に行きたかった。
SLの整理券が3日しか無かった。
これだけ雨なら空いてるだろうと予想して。
この日、やってきたのは日帰りで行く益子の陶器市、真岡鉄道の下館駅からSLも走るので是非乗りたかった。
以上、3日に強行突破した理由。
photo514.jpg
石炭の匂い。
吐く蒸気。
汽笛の音。
あ~しびれる!

が、叩きつける雨の中、傘差して写真を撮るのは非常に難しい。今までこんなに濡らしたことがないくらいカメラが濡れた。
photo515.jpg
そして私のテンションが異様に高くてダンナの事をすっかり忘れ自分一人で堪能して列の順番待ちや席の順番待ちをダンナにまかせたまま発車近くまで戻らなかったら、ダンナの機嫌が最高に悪くなり、、、
SLが出発した車内で一言。
photo516.jpg

「俺も間近で見たかった!」
ご、、、ごめんなさい。益子駅に着いたら存分に見てください。

と言ったのに、なんの意地か益子に着いて数分停まっていたのに見ようともせずすたすた改札を出て行くダンナ。
君は小学生か!
私ももう一回じっくり見たかったのに。
もの凄い蒸気がホームを包んでいたのに。

 気を取り直し陶器市まで排水溝から流れ出した水にスニーカーとジーンズをやられびしょぬれで歩く。丁度お昼だったので、値段と味がマッチしない手打ち蕎麦を食べ(立ち食い蕎麦レベル)陶器の物色開始。沢山テントが並び何をどう見たら解からなかったけど少しづつ慣れて来て好みの器のテントを見つけられるようになってきた。その中でもお目当てのテントがあって行って見たら開いてなかった…。この雨の中閉まっているテントも沢山。
photo519.jpg

そして目論見通り人は少なめ。でもこの雨じゃテントで器を見るのも大変。
photo518.jpg 
photo517.jpg
大誠窯の登り窯。
益子でも窯で焼いている所は少ないそうです。この窯は震災で壊れて造り直してまだ試し焼きでしか使用してないそうです。
そしてダンナ、陶器に興味がないのでつまらなそうに後を着いてくるだけだし、まだちょっと機嫌が悪そうなのでここで提案。
「気に入りそうなぐい呑みを探してみたら?」
これが功を奏して積極的にお店を見て廻る。二人でぐい呑みを手に取って持ち心地を試してみたり品定め、一緒に来たなら二人で楽しまなくっちゃつまらないし…。2.3点いいのがあったけど、どうしても欲しい、とは思わなかったらしく買うまでにはいかなかった、でも「後半は楽しかった」と言ってたので良かった。雨も少し落ち着き器を数店購入して益子駅から宇都宮行きのバスに乗った。
 宇都宮に近づくと雨はどんどん酷くなる。妹からのメールで知ったけど宇都宮の豪雨がニュースになっていたらしい。益子は小降りになっていたのにどうしてピンポイントで宇都宮に行っちゃたかな。

まぁ目的は餃子なんだけど。土砂降りの中、宇都宮の駅前から歩いて十数分「宇都宮餃子みんみん」に到着。びっくりするぐらい長蛇の列。でも回転が速くて20分くらいで店内に入れた。
photo520.jpg
焼きも揚げも水も6個入りで240円、ライス100円。やっす~い!餃子ライスは340円で食べられる!私達は焼き3揚げ1水2+ライス1ビール2という食べっぷり。いつものことだけど食べすぎ。
そして宇都宮で安い餃子を食べるためにわざわざ宇都宮に出て、帰りは新幹線に乗るというアホさかげん。

予想以上の雨でゆっくり器を見られなかったのが心残りだけどSLには乗れたし器も買ったし、まぁ良しとしよう。ダンナは最後までSLを見たかった、、、と嘆いていた。意地をはらないで益子駅で見れば良かったのにねぇ。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。