上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三連休の初日に伊勢原市にある大山に行ってきました。
11時過ぎには伊勢原市からバスに乗って大山ケーブル駅には着いている予定だったのに、どこでどう計算が狂ったのか時間を間違えて大山に着いたのは12時。おかしい…暑さのせいだろうか…。
 三連休だし、絶対混むだろうと予想していたら全然人がいなくて、おかしい…暑さのせいだろうか…。
まずはお昼。大山といえば豆腐が有名で「とうふ処小川家」へ。ケーブルカー乗り場へ行く参道の半分ぐらいの所にあります。
photo294.jpg

photo295.jpg

 スタッフも女将さんもとても愛想が良くて、お料理も美味しくて大満足なお店でした。大山へはノープランで来たので少し女将さんにお勧めルートを教えて貰って出発。ケーブルカーに乗って阿夫利神社へ。
photo301.jpg 
ここから頂上にある奥の院まで往復約2時間半。時間的にとても無理で往復1時間の見晴台に行くことにした。
photo297.jpg 


木陰が続く登山道は人も疎らで、山の上に吹く風は涼しく、高く聳える杉木立に光と影の模様を映し出していた。誰もいない山道に緑まぶしく、涼やかな蜩(ひぐらし)の泣き声がこだましている。
海も好きだけど、山がいいな、、、と思う。魂全部が包み込まれるような山が好きだな、と思う。
photo298.jpg

 
photo299.jpg 

photo300.jpg

神社に戻ってきて霊水を頂いてケーブルカーで大山寺駅で途中下車。大山寺の後は歩いてケーブルカー駅まで降りることにした。
photo302.jpg

途中には七不思議なるものがあって、その一つ弘法大師の水で一休み。
photo303.jpg 

photo304.jpg
 柄杓が置いてあり冷たい湧き水が流れ出している。湧き水が飲める所は沢山あっても大抵は蛇口から出てくる親切設計。こんな風に山からの水が直接飲めるのは稀で喜んで口に含んでみた。冷たくて、甘みがあって生き返る。これだけでここに来て良かったなーと思った。今度は頂上まで登るためにお弁当を持って朝早くから来よう。

 帰りは本厚木によってB-1で有名になったシロコロホルモンを食べた。
photo305.jpg
外側は薄くぱりっと焼けて中は脂身の甘さがジューシーに溶け出して、なるほど美味しい。おかわりをしようとしたら今は震災の影響で仕入れが難しく二人で1皿と限定されていた。残念だけど仕方がない。


美味しい物を食べて山の空気でリフレッシュしてとても良い1日でした。
スポンサーサイト

先週末もまた浅草。
今回は初めてのほおずき市に出かけて来ました。
絶対夕方から夜が良いだろうと浅草に着いたのは4時過ぎ。浅草寺の境内は屋台と沢山のほうずき市。ほおずきを間近で見るのは久し振り。

photo284.jpg 


photo285.jpg 

 子供の頃は夏になると母がほおずきを乾燥させ口の中できゅっきゅっと鳴らしていた。ほおずきの中身を取り出すのは子供達の役目で針で頭(?)をつっついて入口が破けないように中身を出すのに真剣になっていた。少しでも破けると音が鳴らないから。私は何回やっても上手く鳴らせずそのうち飽きて放り投げてたっけ。

photo287.jpg 


photo286.jpg 
ここで鉢を買うと風鈴が付いてくる。

photo292.jpg 



photo293.jpg 
夏の、
夕暮れの陽射しをあびてきらきら光る風鈴。
一陣の風が吹くと一斉にガラスの涼やかな音色が鳴りだす。

梅雨が開けたばかりなのに、もう盛夏のような陽射しで汗が次から次へと噴き出してくるけど、そしてお化粧が落ちるけど、風鈴の音色で一服の涼をとる。

photo288.jpg 

山形県村山市の大わらじとほおずき。撮っておかないとね!ここは、はずせないでしょ。なんてったて今は母の実家ですか。

photo289.jpg 


photo291.jpg 

photo290.jpg 


 7月9・10日に浅草寺にお参りをすれば4万6千日相当の功徳が得られるそうですが、ダンナの暑さによる体調不良と機嫌の悪さにお参りもせず後にすることに…さっさと今日の酒場に移動です。(お酒を呑む元気はあるらしい。)でもね、お参りをしなかったから功徳を貰えず、浅草橋に移動してお目当てのお店に行ったら……そこは駐車場に変わっていた。呆然としているダンナ。観音様の怒りは怖いね~(笑)

今ね、ダンナは熊本に出張に行ってるんですよ。
でね、次は熊本から広島に出張なんですよ。
でね、九州新幹線さくらで行くんですよ。
でね、「かっけぇ~」という浮かれたメールが来ましてね、

ちょーむかつく~~~。

乗りたい、乗りたい、と騒いでいたのは私だっつーの。
君は何も言ってなかったしょ。それなのに何故君が先に乗る(怒)

デザインがかなりカッコイイらしい。(羨ましい~~)

で、本題。
ダンナのボーナスも無事出たし、おねだりして新しいレンズを買っちゃ言いました。テヘッ。
シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACR
レンズキット以外で買った35mmf2はお気に入りのレンズで、買った当初はそれだけを付けて旅行に行っていた。
が、
どうもそれだけじゃ満足の行く写真に成らなくて今度はレンズキットの標準レンズも加えて二つ持って行ってた。そしたら旅先でレンズ交換が面倒くさくて、どうにかならんか…と。
広角で明るいレンズが欲しくて、相談しながら決めたのがシグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACR。マクロという副産物が付いてきてこれまたお得感。まだマクロは試してないんだけど…。そして重い、重い、とは聞いていたけど届いてボディに取り付けたら想像以上に重くて…気持ちが萎えた…。
こ、これ…旅先に持って行けるんだろうか…。

とりあえず試し撮りをしようと浅草から水上バスに乗ってお台場へ。

日の出桟橋で乗り換えたらチャイニーズの集団が狭い船のデッキにわらわら集結してきた。中国の旅行者が戻ってきたのね、と感慨深くなっていたらほとんど全員一眼レフを手にしている。金持ちめ~。とその中に異様に黒い人を発見。
ダンナが「あの黒い人…ほら、あれ、あれ、松崎”愛のメモリー”しげるだ!」と。確かに黒いがあんな感じだったけ?イマイチ断定出来ない私は一眼レフを手にチャイニーズに混じって景色を撮るふりして接近。ただの黒いおじさんにも見えるし松崎”愛のメモリー”しげるにも見えるし…。思案していたら子供達に話している声を聞いて
松崎”愛のメモリー”しげるだ!確かに貴方は松崎”愛のメモリー”しげるだ!おお~と思っていたらチャイニーズに片言日本語でバックに海をいれて記念写真を撮るからそこをどいて、みたいなことを言われて凹んだ。

で、肝心のレンズはふふふいい感じ。重いけどさ。
レンズがそうさせるのか、私じゃないような写真を撮らせるの。重いけどさ。
写真を撮る以外はず~っとダンナにも持たせてたの。「肩にくいこむよこれ…。マカオには行けないな」
(マカオの炎天下の中、私が夢中になって写真を撮って熱中症になりかけたことを根に持っている。そういう私も危なかった)
さて、重くて持っていくのをあきらめるか、満足のいく写真を撮る方を取るか、どっちでしょう!?
photo279.jpg 

photo280.jpg 

photo281.jpg 

photo282.jpg 

photo283.jpg
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。