上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構図のwsを!と訴え続けて早何年?(笑)
やっと構図を含む師匠の中級wsに参加して来ました。第1回目のws前に課題があります。テーマは5月か初夏で「広角レンズ18mm」で撮影。
はて…広角18mmとな?
ほとんど撮ったことがない領域だし広角レンズを全然知らないので特徴を検索。
・広い空間を取る
・遠近感の強調
・手前の物が強調して写る
・ゆがみ
はしょりましたがまぁこんな感じ。
じゃ、課題の18mmで撮るということは何を要求されているのだろうか?
考える。
ひたすら考える。
悩みながらとりあえず新宿御苑に行って広角レンズの特徴を思い出しながら100枚以上撮影。だって何を撮っても違う気がして仕方がない。「これじゃ18mmじゃなくったていいよなぁ」的な写真を量産。

それで提出した写真まずは2枚。
広い空間
photo251.jpg


被写体の強調
photo252.jpg

あと1枚、手前の物を強調した写真が撮れなくて後日仕事帰りに撮影。
photo253.jpg

それがこの写真。あはは、この日も軽く100枚越え。
一眼を構えたお仲間がいましたが、まさか課題じゃ…なんて思いながらたぶん撮り鉄の方でしょうね。そして向こうも私の事を撮り鉄と思ってるんでしょうね。
う~ん、う~ん唸りながら撮影していると「綺麗ですよね」と声をかけてくれる人がちらほら。でも綺麗、なんて感慨深く思っている暇、ありませんから!
都電が来るのを待ち構えながら1時間はねばってました。
そして選別、絞りに絞って6枚選び…う~んでもなんか違うと再び100枚の中から今度は全然違う1枚を選択。
さて、講評をどうだったでしょうか?
スポンサーサイト

写真を撮りに新宿御苑に行った。以前働いていたのは、新宿御苑近くだったので御苑に行くついでに大好きだったラーメン屋でお昼を食べた。お気に入りは2軒あって悩んで、悩んで選んだ1軒。
味が落ちていた。
妙に寂しかった。

天気が良い午後でシートを敷いて、
少し寝転がって、
気づいたら1時間寝ていて、
空は曇っていた。

「何しに来たんだよ、お前は欲望に正直だな」
photo247.jpg

曇りだが、しょうがない。
撮りたい写真を撮ってなお御苑内のデッキの写真が撮りたかったので行こうとしたら 閉門の音楽が鳴っていた。
「何処行くの?」
「えっ…デッキの写真が撮りたい」
「デパート勤めだった頃、なかなか帰らない客にイラついてたんでしょ?」
若い頃の話だ。

仕方がない、素直に御苑を後にする。でも私は知っている。御苑ではアルコールの持ち込みはNGで君はお酒が早く呑みたいだけだ。

西新宿まで歩いて「ぼるが」に行く。広島で覚えたこいわし。東京じゃその名前すらお目にかからないが、その南蛮漬けがあったので迷わず注文。ぼるがの酢漬けはお酢が強くて癖になる。誰もいなかった店内に人が増え始めた頃お店を出た。
photo248.jpg

photo249.jpg

photo250.jpg


「次 どうする?」といいながら同じ方向に歩く二人。思い出横丁にあるラーメン屋。
この間初めて食べてしびれた焼きそば。「若月」の焼きそば。
自家製麺でたぶん麺は茹でているのかな?広島にあるお好み焼き屋で使用していたそばに似ている。
餃子の皮といい、ワンタンといい、麺といい、ここの粉もんは最高だ。(ただつけめんのスープはいただけない)
なかでも焼きそばは大ファンだ。(まだ2回目だけど)


そんな なんでもない午後。
いつもの週末。

最終日、ゆっくりチェックアウトをして勾当台公園駅へ。少し国分町辺りを歩いた。古い建物は地震の影響で崩れ立ち入り禁止になっていた。昼食は仙台市市役所前にある「おしか」、女性好みの高級そうな綺麗なお店。ランチは華やかで美味しい!今回の旅で一番美味しかった山寺で食べたこごみに次いで二番目に美味しかった。
photo244.jpg

この後はるーぷる仙台に乗って瑞鳳殿へ。
 瑞鳳殿は伊達政宗公の霊屋、こちらも震災の被害を受け瑞鳳殿以外は立ち入り禁止になっている。正宗公は驚いた事にとても良い状態で遺骨が発掘され159cm、B型と判明しているそうだ。この後青葉城の入口まで行こうと思ったけど石垣がくずれ通行止め。
photo245.jpg

バスで仙台駅まで戻ってきた。初めて外から見た仙台駅も大きな布で覆われ修理中。
photo246.jpg


旅先で自分達用のお土産はあまり買わないけど、萩の月を購入。初めて食べた時はものすごく感動したお菓子。そういえばあちこちに溢れていた牛タンの文字。作並温泉で2切れ食べたけで結局食べなったなぁ。ずんだ餅も。
 仙台旅行はこれで終了です。詳しい旅行記は本サイトで。


2日目は作並温泉から松島へ。
仙石線は東塩釜までしか開通していなく、そこから松島までは代行バスになる。そしてこのバス、電車と連絡していなので時間のロスになる。どうしたもんかなーと思っていたら5月1日から遊覧船が塩釜から松島まで再開することになり、それで行こうと本塩釜で下車。駅周辺は普通の感覚なら工事中なんだな、と思う位は片付いていて、港に向かって歩いて行くと、徐々にここも津波の被害が酷かったんだと解る。消えている信号、ひっくり返って錆た車、ひしゃげたシャッター、何もない1階部分、大きな土嚢、そして悪臭。
photo240.jpg


 遊覧船乗客はたったの5人。今日が平日のせいか、震災の影響なのか、わからない。船内に流れる通常のアナウンス、「右側に見えますのは塩釜から陸続きになっている民家です。」アナウンスに沿って目をやると1階は柱だけ残して壁も何もない家が数軒。やるせないね。
 松島も通りに面したお土産や飲食店は津波の被害でほとんど営業しておらず、それでも観光客はいて少し安心した。でも例年より観光客はずーっと少ないんだろうな。
photo241.jpg
<こちらは五大堂>
photo242.jpg

photo243.jpg  


 昼食の後は「瑞巌寺」。父がこのお寺はお前と俺の寺だから一度は一緒に行こうな、と言ってたけど、ごめん、ダンナと先に来ちゃった。というのは私と父の名前が一字づつ入っているから、まぁただそれだけ(笑)
瑞巌寺は地震で見られない箇所や地震に関係無く大修復中で、見られるところが少ない。このお寺は伊達家の菩提寺で、私は歴史に疎くもう少し歴史を知っていたら楽しめただろうなーと思う。

 この日は仙台泊。歩きつかれて仙台駅で夕食を済ませたのを後悔した。東北随一の繁華街国分町へ行けば良かった。そしたらもう少し美味しいのが食べられたのかな…。お昼も大失敗だったし。

三日目へつづく

photo234.jpg  

 ゴールデンウィークに旅行に行くことは決まっていた。テレビで震災後観光地への旅行者が減っているのを見てどうせ旅行に行くなら東北に行こうと決めた。ゴールデンウィークに向けて新幹線が通り、旅館が再開し、在来線も再開した。旅好きとしては、ただ行くだけじゃなくちゃんと美味しい物を食べていろいろ見たい。でもね、今回の旅は100%うきうき気分じゃなく30%心が重く、その30%が旅行計画を立てるのに邪魔をし、完璧に事前準備をしないと気が済まない私のやる気を削いでいた。(事前準備は完璧だけど、旅行先でぐだぐだになること多し)

 一番の後悔は東北新幹線の新型車両が「はやて」と思い込んでいたこと。「はやぶさ」なのに。往きは時間が合わなくて乗れないけど帰りは乗ろうと旅行前日、当日と空席照会をしていたけど、ダメだった。ダンナに早く言えよ、と言われたけど30%のやる気の無さがここに出ていたのよ。
 
 そんなこんなで1日目は仙山線上にある作並温泉に宿をとった。
だから1日目は山寺へ~~~~~♪
山寺駅を出ると聞こえる東北弁。美味しい板蕎麦、満開の桜と新緑の立石寺。

photo235.jpg 

photo236.jpg 
photo237.jpg 
photo238.jpg

宮城を応援しに来た旅だけど、山形、好きだ~。どうしょうもなく好きだ!
立石寺には田舎の(両親の実家が山形)祖父母の骨が分骨してある。
夏、冬、と来て今回は桜の春、後は紅葉の秋に来れば立石寺の四季を経験したことになる。

夕方には作並温泉に着いて「一の坊」にチェックイン。震災の影響で食材が手に入らないので一律同一値段の部屋が選べないバイキングプラン。大型観光ホテルで思ったより宿泊客が多く少しは盛り返してきたんだなぁと思った。部屋はがっかり度が高かったけど、自然の中に作った露天風呂が最高に良かった。そこに行くアプローチも距離があるけどうきうきする。広瀬川上流に面してあるお風呂から川のせせらぎと鳥の鳴き声をずーと聞いていた。
photo239.jpg

2日目へつづく

ゴールデンウィーク後半は仙台を旅してました。
その話しはまた後日、ということで今回は前半に妹家族と行ったます釣り&バーベキュの話しでも。 (うちのダンナは出張疲れで不参加)
photo230.jpg

 朝の七時半に着いたのは奥多摩にあるます釣り場。朝早いのにもう人が沢山。火を起こしてバーベーキュの準備をしている人や鱒の姿が見えないのに糸を垂らしている人。そして私達も荷物を降ろして、鱒がいないのに糸を垂らす人に加わる。そのうち放送がかかって鱒を放流してくれた。その途端釣れること釣れること。釣堀とはいえあまり釣りの経験がないのでせっかく私の竿にかかっても取り逃がしたり…(そして妹に怒られた)妹ダンナ以外の女性陣4人は魚から針を外せないので妹ダンナが大活躍、っていうか一人で大忙し(笑)丁度山桜が満開でのんびり新緑を見ながら釣り糸を垂らして…なんて暇は皆無で、午後1時にもう1回放流があるのでそれまでに昼食にしようとすぐさまバーベキュの準備。ここはます釣り場で魚をさばいてくれるのでとても助かる。姪っ子二人は釣りに勤しみ、妹ダンナは火を起こし、私と妹はあわあわ調理開始。今回は一昨年のキャンプにはお目にかからなかった飯盒炊飯が登場。これで炊くとご飯が美味しいの!と皆で力説してくれる。実は私、飯盒炊飯で食べるのは初めて。 中学生の頃の林間学校とかって焼きそばだった気がするのよね。 「友達は今日デズニィーランドに行ってるけど、これがあるから止められないの」と米星人の上の姪っ子。力説してくれた通りお米がふっくらたっていて美味しい。欲を言えばおこげが欲しかったなぁ。
photo231.jpg

午後と合わせて計11匹、でもここで問題。ます釣りは楽しいけど鱒自体が好きじゃないので両方で譲り合い。
バーベキューで3匹焼いて後は仲良く半分こ。まだうちの冷凍庫に2匹が残っている。

 帰りは御嶽神社に寄った。行ったことがないと言った妹がケーブルカーを降りたら「ここ知ってる」とボケをかましてくれた。お土産に御嶽神社の水晶のお守りを私にくれたじゃない。そういえば今朝、交換レンズをレンズケースに入れる時底に何かがあってうまく収まらなかった。底にあったのはこの御嶽神社の水晶、なんでこんなとこに…と思ったんだけど、まさかここに来る為かしら?
photo232.jpg 

photo233.jpg

 ケーブルカーを降りればすぐ神社かと思ったら約30分歩く。夕方で雲っていたけど山桜、山つつじは満開、新緑は瑞々しく山の空気は澄んでいる。去年大病を患った妹ダンナは激しい運動は禁止なのでこの辺で待っていて、と言い残し4人で神社まで階段と坂道を急いだ。神社で休憩と景色を堪能していたら顔色が土色の妹ダンナが行きも荒くここまで登ってきた!死神かと思ったよ…。
あまり時間が無くてゆっくり見られなかったけど、ここは宿坊があるし滝修行もある。今度はゆっくり来たいなぁ。

 夕食はうちのダンナを含めみんなで食べに行く?と話していたけど御嶽神社に寄ったら遅くなったので食べて帰ったらダンナは一人寂しくレトルトカレーを暖めていた。


東北新幹線全線開通、よーし!
旅館再開、よーし!
仙山線全線開通、よーし!
松島までのルート確保、よーし!
遊覧船再開、よーし!
るーぷる仙台再開、よーし!

じゃ、ちょっくら仙台まで行って来る!

… …

と、

100%元気に言えないのが今回のゴールデンウィーク旅行。
ウキウキ度70%
心の重さ30%

じゃ、行くなよって感じだけど、年何回か旅行に行ける機会の一つのゴールデンウィーク。
よそに行ったら、行ったで、何で東北に行かなかったんだろう?と後悔しそうで。

でもニュースでゴールデンウィークに突入してから観光客が戻ってきてると訊いて少しは安心した。
何もできないけど、旅先で地道に経済をまわしてこよう。
(いや、地道にね。まわすほど経済力ないけど。社長に20万でも30万でも使っておいで~と言われて、だったら時給をあげてよん、と思ったけど内緒(笑))

30%の重さのせいか旅の楽しさの一つ、事前計画がはかどらず。
グルメ検索も交通ルートの構築も観光場所を探すのも楽しいものなのに、今回は全力で挑めない。
なので、なんか中途半端なまんま。

東北新幹線に乗るからには導入したばかりの新型車両に乗れる!と時刻表を見ながら決めた「はやて」
うきゃー はやて!はやて!とはしゃいでいたら、
「はやぶさ」だった…。
1日1往復のため時間的に合わなくてだめだった。
ってか「はやて」が新型車両だと思い込んでたからね。はやぶさ、なんて文字、目に行かなかった。
ほら、中途半端。

そんな感じだけど、ちょっくら仙台まで行ってくる!
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。