毎度同じみsekigawa88師匠のwsに参加してきました。
今回は街スナップ。
旅先での街スナップ写真の撮影とセレクトの仕方。
浅草、銀座、表参道の三箇所を移動しながら街スナップの撮影。普段自分がカメラを持って写真を撮ってるのと同じ感覚なんだけど、単純に見えて非常に難しかったです。
メインになるいわば表紙の写真、セカンドイメージ、サブイメージと撮り進んでいきます。私の中で零れ落ちるのがサブイメージ。メインはその街を表すものなので思いつきやすく撮りやすいけど、サブが…。目に行かないと言うか、思いつかないというか。発想の貧困さが悲しい。


photo142.jpg 
photo143.jpg 

photo144.jpg 
photo145.jpg 

photo146.jpg 

photo147.jpg 

そして今回も大変勉強になりました。
私が撮る写真はどうしても人物を入れないようにしてしまうんです。だけどその人物をアクセント的に入れる方法、ぶれさせて入れる方法など人物を入れると写真が締まるんですよね。師匠は「人」が好きなんだろうなぁと思うんです。私、人間関係の構築が下手くそなので写真でも除外しようと無意識にしてるんですね。と、自分で気づいて密かに人物を入れようと頑張ったのでした。
 
photo148.jpg 
↑師匠に見本を見せてもらって人物を入れて撮ったってこれだもの。がっかりさ。



師匠、ご一緒した皆様ありがとうございました。何かの機会にまた会いましょう。

スポンサーサイト

photo141.jpg

突然、本当に突然浮かんだ名前。
試しにネットで検索をかけてみたら、彼の著作と共にみつけたブログ。
まだ初夏の、ある晴れた日曜日の午後。とても懐かしくブログを拝見した。

その人の名は青山潤三さん、うちでは蝶の写真家の人と呼んでいた。

 20数年前、電車を降りたところで声をかけられた。
長い髪は後ろでひとつに結わいて泥だらけのニッカボッカに地下足袋か泥だらけの靴を履いていた。工事現場の帰りか?と思うような格好でただ不釣合いな首から提げたカメラだけが違うんだと主張していた。怪しさ満点で「用事があるんです」と言って本屋に逃げ込んだ。それから30分。彼はまだ本屋の前で待っていて、その姿が誠実そうに見えて好奇心でお茶をすることにした。
 私の知らない世界の話をいっぱいして、知識が深くて話が面白く楽しくてもっと聞きたいと思って何回か会うようになった。彼は蝶が好きで自分で写真を撮り文章も書くカメラマンだった。その時もらったのが「ギフチョウ」の本。ヘルマン・ヘッセが好き、と言ったらヘッセの「蝶」の本もくれた。(何度もトライしてるのに未だに読めず、何故だろう)その頃、彼は中国での蝶の仕事をライフワークにしようと何回か渡中しているうちに連絡が途切れ(私も電話番号を無くし)会わなくなって20数年が過ぎた。

 青山さんの名前を思い出したのはきっと私が写真を始めたから。蝶のポジフィルムを見せてもらったのを覚えている。でもね、本当にごめんなさい、もしかしてもうこの世界にはいないのかもしれない…とちょっと思っていた。それだけ純真で不器用で学者肌で今の世の中では生きづらいだろうなと小娘ながら感じていたから。

 見つけたブログは、青山さんが青山さんで相変わらず蝶を追いかけていて中国がライフワークになっていることが嬉しかった、そして蝶だけじゃなく生物、植物までにも広がっているのに驚いた。それとともに生活が困窮するような不器用な生き方がやっぱり青山さんだった。
 初めは見ているだけでいまさら連絡をとろうなんて思わなかったけど、あまりにも大変そうで思わずメールを送たのは今月の中旬。その数日後、帰国のめどがたって日本に帰ってきた青山さんと20数年ぶりに再会した。

 長く会っていなかったとは思えないくらいブランクを感じないのが不思議。相変わらず知識が深くていろんな話が出来るのが楽しい。超常現象は信じないと言いながら「キリストが宇宙人説」や自然界のフラクタル、植物、生物、人間の種のリンクによるパラレルワールド、それを自分が自然界の中を歩き回って見つけちゃうのが凄い。
 凄い人なんだけどなぁ…もっと金儲けに走れば出来そうな人なのになぁ。

「変わらないですね~」と2度言って貰ったので、若い頃のまま…ってことにしておこう。それとも中身が成長してなかったってことなのかな?

 再開して頂いた本、「屋久島」。青山さん、今度からご自分の本はご自分で買わなくていいですからね!(笑)あっサインしてもらうの忘れた。

「青山潤三の世界・あや子版」
10 17
2010

旧古河庭園の秋のバラフェスティバルに行ってきました。
三分咲きのうえ天候のせいか秋のバラがそうなのかわからないけど残念な花が多くてがっかり。
おまけに曇りだし…。
レンズの選択間違えたし…。

photo134.jpg 
photo135.jpg 
photo136.jpg 
photo137.jpg 
photo138.jpg 
photo139.jpg 

photo140.jpg
最後は上野に出て大山で下町洋食。お肉屋さん経営なのでお肉類が美味しい。



10 13
2010


photo129.jpg
 
ある晴れた土曜、友達と吉祥寺散歩に行ってきた。もっと早く行きたかったけど掃除と洗濯に追われ吉祥寺に着いたのは12時。ランチはチェック済みの井の頭公園にあるタイ料理「ペパーミントカフェ」。並んでいたけどまさか1時間も並ぶとは…エスニック料理に餓えていたので美味しく頂いた。友達から50mmf1.8のレンズを借りて井の頭公園をぶらぶら。う~んボケがいい感じ。
photo130.jpg 
「モモナチュラル」
こちらのお店で気になるお皿を見つけ、悩んだ末重たいのでこの日は見送ることに。(結局豊洲のお店で購入)久しぶりの雑貨店めぐりでテンション急上昇で独り言炸裂(笑)最近北欧グッズに興味をもってネットで見ていたけれど、他の雑貨屋で実物を見たらテンションあがらず…。好みじゃないことが判明。
photo131.jpg 


photo132.jpg 

photo133.jpg 

ネパール料理のお店「Shiva Cafe」こちらのアイスチャイで休憩。素朴な店内が心地よく近くにあれば通うのにな~。

この後も数軒お店を回って夕食はイタリアン。なんだか欲張っていっぱい頼んじゃってお腹がパンパン。なのにお土産で買ったはらドーナッツを帰宅後1個食べてしまった。おかしい、私のお腹はおかしい!

久しぶりに雑貨めぐりをして楽しかった。
一緒に行った友人にも去年、私に振りかかったようなことが起きて、
大丈夫、どうにかなるよ。100%自分が望んだようにはならないかもしれないけど、
なんとかなるよ。物事は止まることなく流れているから。
次が待ってるよ!
(ツアーもあるしね!)

photo128.jpg
【小豆島の棚田】

四国のお土産を渡しがてら友人と呑みに行った。カウンターに座って、
更年期障害とか、
朝、早起きになったとか、
夜更かしができないとか、
夜中にトイレ休憩で起きるとか、
老後の生活とか
ガールズトークで盛り上がる♪(笑)

当然、旅先での写真を見せながら四国の話しで盛り上がっていたら(友人は私が行く半月前に香川に旅行している)

すみません、
すみませーん、
す・み・ま・せ・ん!

突然隣のグループから話しかけられ
「それ、どこの写真ですか?」
「愛媛ですよ。松山の道後温泉」
「へぇ~写真が綺麗だったからつい…」

自分の写真がどのくらい上達したかなんて、全然わからない。
他の人の写真を見ては、上手だな~、こんな写真が撮りたいなぁ~とため息をついてばかり。
ちょっとスランプにも陥ったっけ。
でも、普通に見るスナップ写真としては「綺麗」って言われるレベルぐらいには上達したのかな。
うん、単純にとっても嬉しかった。
友人もスケッチで生計をたてようと頑張っているし、私も頑張ろう。
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ