photo116.jpg

 今年の夏休みは熊本に行くんだー、と数人に宣言したのにダンナのマイレージで熊本便が取れずに断念。じゃ…立山黒部アルペンルートに行きまーす、と会社には言ったのに、最終的に四国になりました。行きたい、行きたいとは言っていたけど、まさか今年に行くとは…思わなんだ(笑)暑いのに四国?と上司に言われる始末。

さて、四国にANAの空港は三箇所。どの空港を抑えたらいいのかわからないので行きたいところをあげてみた。
道後温泉、善通寺、金比羅さん、讃岐うどん、鳴門の渦潮、祖谷のかずら橋、剣山、四万十の鰻と川、足摺岬…。地理がさっぱりわからないので照らし合わせてみると、見事に四国全土に散らばっている。1回の旅行じゃ無理なので消していった結果、讃岐うどん最優先で高松空港に決定。
 いや…しかし、移動手段が公共交通機関の私たちの旅はいつもながらルートを組上げるのがパズルのようだ。
旅好きとしてはそれも楽しいんだけど。

しかし、美味しいと評判のうどん屋はみな郊外で駅から遠い。




ぬぅおおおおおおおおおおお~し・こ・く・めっ~~~~~!
スポンサーサイト
08 08
2010

 友人が デジイチを買ったのでさっそく何処か撮影しに行こう!とでかけたのが八景島シーパラダイス。吉祥寺お散歩写真に行こうよ、と誘ったのは私だったけど、この暑さ、街をうろうろ…なんてとても無理ーと水族館に変更。その週末、友人が逗子でのラジオの公開録音に応募しており、シーパラに行くならついでに公録にも付き合ってと、私も参加。結局、水族館で涼しく撮影どころかいろんな意味で熱い1日になりました。しかしシーパラは遠い…。まるでショートトリップ。 
 

photo107.jpg 

おしゃべりに夢中で横浜乗換えなのに降りず、戸塚まで行ってしまうという失態をおかし、軽く時間のロス。友達と遊ぶとこんなのが多くていかんなー。はい、シーサイドラインの乗り場も間違えましたー。

photo108.jpg 

photo109.jpg 

photo111.jpg 

photo112.jpg 

水族館は楽しい。とくにクラゲ。美しいしずーっと見ていても飽きない。

photo110.jpg 

イルカのショーはシャッターチャンスが難しく…、どこからイルカがでてくるかわからないし…。歓声があがって慌ててレンズを向けると水しぶきが残っているだけ…。


それに 実は 私 動物のショーが嫌いなんです。



3時にはここを出ないとならないのでドルフィンファンタジーをスルーして遅い昼食。あとでシーパラのサイトでチェックしたらドルフィンファンタジーは水中トンネルからイルカが見れる水槽。一番初めにふれあいラグーンなんて行っちゃったもんだから余計時間が無く、ふれあっている場合じゃなかったよ!(子供たちに占拠されてふれあえてなかったし!)

 さぁ次は逗子海岸に移動。八景島からだと30分くらいだけど、もう軽く小旅行。見慣れない風景に旅先気分。そして暑かった。外人も多くなってボディの半分の位置に小さなお尻の黒人少女。あぁスタイルのよさにお尻を凝視してしまう怪しい私。 腰高いなー、足 長いなー。

photo113.jpg 

こちらで公開録音。ミニライブ中に太陽が沈み綺麗な夕日が見れたけど熱唱中に夕日の写真を撮るのはさすがに失礼だよね…、と我慢してたらあっというまに岬の彼方に。これを楽しみに来たのに夕日を撮れず…。
そして砂浜には水着姿の若者たち。夏の麦茶色の海のビーチで遊ぶなんて遠すぎる昔のことで、懐かしいのやら、よくわからない郷愁にかられ…「今、自分が10代だったらビキニ、着てると思う?」と友人にたずねたら「流行だし、着てるんじゃない?でもMIZUHOは天邪鬼だから着てないかもねー」ははは、よくわかってらっしゃる。

photo114.jpg 

photo115.jpg 

東京駅に戻ってきたのは夜の8時過ぎ。この時間なら並んでいないかも?と前々から気になっていた「六厘舎」へ。少しは並んでいたけど、ガンマンできる長さ。太麺が好きな私にはたまらない麺で、スープはちょっと、しょっぱかったかな。またしてもおしゃべりに夢中で”あつもり”にしなかったので2.3口でスープが冷めていくのが気になったけど、これは自分が悪いんだし。
なかなか美味しゅうございました。

プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ