04 12
2010

私の中では、写真仲間の撮影会に行くつもりだった昨日の日曜日。

日曜日まで出張の予定だったダンナが土曜日の夜に帰ってきまして、
「明日飛鳥山の隣の音無親水公園へ桜を見に行こうよ。いいらしいよ」
「あしたは撮影会が…」
「あぁ、そんなこと言ってたね、今週号の「こち亀」が音無親水公園でさ…」

こち亀かよ!

仕方がない、音無親水公園、行ってきましたよ。

作られた感はあるけど、悪くはない。
もみじの新緑と桜は綺麗。

その帰りには、飛鳥山にも寄って、

photo93.jpg


風も無いのに突然の花吹雪で花見客が呆然。鳥が飛び立ったみたいで、気持ち悪いくらいの花びら。とっさにカメラを構えたので構図は許して~・笑。花吹雪の凄さがわかっていただけたらと…。

photo90.jpg


photo91.jpg


photo92.jpg


こんな花吹雪は初めてでした。
今年の桜は長持ちで2週に渡ってお花見ができたのは嬉しかったな。

今日の雨で桜は終わりですね。

スポンサーサイト
04 12
2010

04 09
2010

photo83.jpg


photo84.jpg


photo85.jpg


photo86.jpg


photo87.jpg


photo88.jpg


photo89.jpg


 先週の土曜日の桜。

今週末は桜吹雪が見られるかな…。

染井吉野が終わったら山桜。

お花の季節到来です。

友人が一眼を買う決意をしたので一緒に撮りにいけるかな。


昨日、六義園のしだれ桜のライトアップに行ってきた。

満開から散り始めの樹齢約60年のしだれ桜は薄暮の中、まだ清楚な姿をしていた。

 

sakura04.jpg

 

sakura05.jpg

染井吉野より小ぶりな桜花は可憐で愛らしい。

sakura03.jpg

なのに、夜の帳が下りライトが照らし始めるとその姿は一変にして怪しくなる。

sakura01.jpg

太く曲がった幹は観客を誘う腕のように伸ばされて、風に煽られて揺れる枝先は怪しく手招きする指先になる。

sakura02.jpg

  あっすみません、私の写真の腕じゃ怪しさが表現されてません。

六義園のライトアップは4日まで。

しだれ桜は満開を向かえ散り始めです。きっと散り際も見事なんだろうな。


先日行ってきた谷根千散歩で見つけたアップルパイのお店。そこでかねてからの疑問を皆さんに投げかけてみたけど、いまいち解ってもらえず…。

photo81.jpg


 アップルパイはめったに買わないし食べない。食べるときは実家からリンゴをもらってきてそれを食べきれず自分でパイを焼く時ぐらい。自分がお菓子作りが苦手なのは自覚しているから、どうしてパイ生地の半分しか焼けないのかわからない。

photo82.jpg


ここ、ここなんですよ。半分生でしょ?半分しか焼けてないでしょ?全部焼くにはどうしたらいいんでしょ?

あれ…

買ってきたパイも半分しか焼けてない。
これってこれでいいの?アップルパイってこうゆうもんなの?いや…自分で作るとみょーうに生っぽいんだよなー。

あっ、お店で買ったこのアップルパイはとっても美味しかったですよ。全然生っぽくなかったですよー。
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ