師匠のサイトを見たら…
屋根入り池上本門寺の写真がアップされていて…一緒に撮ったのにあまりの写真の違いに愕然としてしまいました。
屋根を入れれば良いってもんじゃないよ、ジブン。しかも右側切れてるし!


前回のつづく、からずいぶんとたってしましました。

なので…気力がどっかに吹き飛んでしまったのでさらりと。

photo20.jpg



 忘年会後は一人二人と方向が別れ残った数名と表参道でのイルミネーション撮影。
11年振りに復活したイルミネーションは派手さが抑えられていたような…。
歩道橋も封鎖。それでも人が多くてショップはクリスマスバージョン。
その後はガレットで有名なブルターニュへ。前から行ってみたかったお店だったのでラッキー。
が、、、
私のガレットは焼きすぎで口の中に苦さが残りせっかく美味しいガレットが帳消し。
香ばしいのと苦さは違います。

 さて、明日は大晦日。
今年はおば夫婦が母の所に泊まりにくるので、午前中には実家に来るように召集がかかりました。
リクエストにお答えして蟹を買って行きます。おばを向かえに行く妹一家も来るので
久しぶりに明日は大賑わい。なんか嬉しいな。

ダンナは12月27日から1月2日まで出張。毎年のことですからもう慣れたけど新年を現場で迎えるダンナはちょっと可愛そう。その後もすぐ代休が取れず出張続き。1月の三連休で旅行に行こうと思ってたのに出張に挟まれた連休なので止めようかなと思ってます。旅行も疲れるからね。

 っていうか、、、パソコンがだめになりそうで旅行費がパソコンに回る可能性がでてきました。
昨日、1日モニターが真っ黒になって使えなかった。今も画面が点滅中。いつ真っ黒になっても可笑しくないの。
出費予定の中にパソコン代は入ってないのよ!

がんばれ~パソコン!

もしかしてこのマッシーンではこれが最後の更新になるかもしれない…。

スポンサーサイト
12 19
2009

先日写真WSの今年の初級クラスの人達全員での忘年会が池上でありました。
会場は去年初級クラスを受けた方が開いているフレンチレストラン。
師匠を入れて総勢12人の貸し切り。
お料理はどれも美味しく、またサービスもいろいろして下さって大変だったんじゃないかと…。

photo10.jpg


photo12.jpg


photo13.jpg



食事の後は店内撮影大会。素敵なんですもの。

photo11.jpg

 

photo19.jpg

 
撮影して満足した後は一人一人と席に戻り、師匠を囲んで統制がとれてます。(笑)
ランチが終わった夕方、場所は池上本門寺に移り撮影会。

去年の今頃、初めて一眼レフを買ったその日、マックで充電してそのままここ、池上本門寺に初撮影にきました。ホワイトバランスも露出補正も何もわからずただただ撮影してがっかりした覚えが…。
それから丁度一年後、忘年会が池上なんて、なんの縁なのかしら?とりあえず初撮影からは腕を上げたと思いたい(笑)

photo15.jpg

 

photo17.jpg

 

神社仏閣が好きで旅行先でも良く撮る被写体。かっこよく撮るコツを師匠に伝授してもらいました。
屋根を入れることで自分が何処にいるかがわかると、屋根入れるのも有りなんですね。そして露出補正は思いっきりマイナス。暗くすることでニュアンスがでるのかな。

photo16.jpg

 
これは師匠が教えてくれた屋根の梁の美しさを強調する撮り方。

photo18.jpg

 つづく!

12 08
2009

初出社は11月中旬。朝から雨が降った日。
昼食に連れて行ってもらった席で社長から
「初日なのに、雨だね。もしかして雨女?」と見破られた私です。

「これ、作って。」
と渡された初仕事はエクセルでの工程表作り。
きゃ…CADじゃないんですね。エクセルですか…。
ほとんど使ったことがないエクセル。エクセル講座、受けておいて良かった。
といっても忘れてるので思い出しながら、工程表を作成。

初出社から怒涛の一週間。
今まで外注に出してた図面を社内でやるために求人をかけたわけで、
当然図面関係を詳しくわかる人がいない。
修正図面を渡され、仕上げて提出すると他のところにチェックが入る。
たとえば修正箇所じゃない基本設定の並列寸法線の間隔、引き出し線の角度、文字高…
橋の幅が違うとか縮尺が違うとか、すでに描かれている図を指摘される。
もう、頭の中はハテナマーク。
「AUTOCADの図面を変換して化けている図面をJWCADのうちの図面に描き直す」というやり方なんだけど、
上司は当然どんな風に化けてるかなんて知らないわけですよ。
そして私も教えてもらってないから解からないわけでいろいろチェックが入るのです。
2.3物件をこなして、ようやく理解が出来、最近基本チェックが入らなくなりました。
家でパソコンを立ち上げたくないくらい会社でパソコンとにらめっこ。

そのおかげで急速にスキルアップ。前職では使わない機能をばんばん使って立派なJWCAD使い(笑)
ただ、土木建築がまだ解からないのであたあたしてますけど。
「ここ、M16ボルトね、ここアンカーね、これコンクリートのシンボル(?)ね、側面図見ながら平面図描いて」
ボルトの大きさなんてわからんとです。アンカーって何?
一番怖いのが詳細図とか断面図とか側面図とか、とか、とか…
だって公園に行って池にかかっている橋とかじっくり見ないですよ。
鉄骨がこうはいっているから、側面から見たらこうだとか、イマジネーションを膨らませないと描けない。
長年やっているのなら、想像つきますけどね。
きっと「側面図描いて」と頼まれたらぱっとできるのが理想なんですけど、
私はまだ「えーっと、ここがこうなってこうでいいんですよね」と説明を受けながら、
結局上司が略図を描いてます。それをCADで製図、、、へへへ。
「XXさん(私の苗字ね)が描いた図面がうちの会社の図面だって言えるくらいにするからね、そして最終には設計が出来るようにするからね、高望みだけど、ははは」
た、高望みし過ぎです。建築の’け’の字も知らないのに私が設計したら橋が落ちます。
12 05
2009

あんなにどん底に落ちていたのに、どうにかJWCADを覚えたら安心して
独学で覚えたAUTOCADを、もう1年以上もやっていないので復習を
してみようとネットで検索してみた。

驚愕の事実!

基礎から図面の描き方が違うことが発覚。

いや~焦った、焦ったよ。
だって「AUTOCADは全部任せて大丈夫みたいだね」って言われたから。

前の会社は、初めはマイクロキャダムというIBMのソフトで作っていた。
それをAUTOCADが普及しはじめて、AUTOCADを導入してからマイクロキャダムの
データーを変換して作図していたのがまず初めの間違い。
その上AUTOCADを操れる人が誰もいなかったのでみんなで模索しながら仕事をしていた。
それが第二の間違い。おかげで正しい描き方を今の今まで知らずに…。

高額なAUTOCADのソフトは手に入らないし、練習が出来ないと思っていたら
「2010年版30日間無料お試し」があってさっそくダウンロード。
正しいやり方で作図をしてみた。
私ってホント鳥頭…と自覚。
毎日、毎日、必死でやったJWCADのマウスさばきが身について
たった1年やらなかっただけなのにAUTOCADの図形の描き方を忘れてる~。
基本の基本すら忘却の彼方。
よくこれでAUTOCADオペレータで仕事を探してたな、ジブン。

そして眼が血走り、肩こりの日々が初出社まで続くのであった。
まぁ、途中で開きなおったけどね。
12 04
2009

採用電話を貰った次の日JWCADをダウンロードして起動させてみた。
ラインを引く…
矩形を描く…
円を描く…
マウスの左クリック、右クリック、Wクリッ…

わからん!!

使えないよう~。

マウスの使い方が特殊なのかAUTOCADに反抗しているのか、
まったく使い方が違う。
頭の中には「AUTOCADを14年使っていたらすぐできるよ」
の面接の時の言葉。
でーきーまーせーん。
「私には出来ません、今回は事態します」って電話しょうかと思ったくらい。

これじゃ仕事にならないとネットで基本操作を勉強して本も買ってきて
朝、昼、晩、ずーっとCADとにらめっこして一週間、
どうにか間取り図が描けるようになった。
おかげで目が血走り、睡眠不足、肩こりで満身創痍。
今らなら一週間で使えるようになったのは凄いと自分でも思うけど、
当時はこれでも遅いんじゃないかと悩んだくらい。
とにかく図面を描いて描いて機能を覚えていくしかなく、
会社に電話して練習用の図面を送って貰った。
それから半月、一通り機能は覚え修正くらいの仕事ならすぐ出来るようになった。
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ