上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

、、、の前に、、、



Windowsのシステムが突然壊れ…
修理コールセンターにSOSを求めた結果…
リカバリーするしかなく…
データー消えました…。

バックアップは今年の夏までで、、、
山形やキャンプや夜景WSの写真が全て消えました……。
バックアップはこまめに…

じゃ、ないと泣く羽目になりますよ!


 さて、三連休の最終日、とっても天気が良く初めて神宮外苑の銀杏を見に行ってきました。
陽があたって銀杏の葉がキラキラ。きっれーい。写真を撮ると凄く明るくてびっくり。自然のレフ板ですね。

photo01.jpg


photo02.jpg


photo03.jpg


photo04.jpg


photo05.jpg


photo06.jpg


photo07.jpg


photo08.jpg


photo09.jpg


 イベント中だったので凄い人手、歩道の銀杏の葉っぱは粉々で良くテレビで見る敷き詰められた黄色歩道はお目にかかれなかったけど、まだ黄色に成りきれない緑の葉っぱとのコントラストも素敵。

暑いくらいの日差し中、屋台でワインとソーセージーを頂いてほろ酔い気分。少しのお酒で酔っ払られるので安上がり。(その代わりダンナが呑むのでとんとんか)

そういえば今年のBeaujolais-Nouveauは美味しいわ、、、と思ったら50年に一度の出来なんですってね。もう一本呑もうかな。

スポンサーサイト

仕事に対しての考え方も面接に対しての考え方も変わり始めてすぐ、一つの求人を見つけた。土木・建築のCADオペレター、経験不問。
 書類応募をしていいか問い合わせの電話をした時に相手の感じが良く、OKを貰ってからすぐその会社のサイトを確認した。公園、広場、遊具や空間の設計をしている会社で見た瞬間「こんな仕事がしたい」と直感した。
 面接時は自己アピールを心がけ、この仕事がしたいことを伝えた。CADと言ってもソフトは多様にあって私が今まで使っていたのはAUTOCAD。今度の会社はJWCADで一度も触ったことがない。精密さでいえばATUTOCADの方が上でJWCADはフリーソフト「AUTOCADを使っていたならJWCADは簡単みたいだよ」と面接の時に言われ「それでしたら、覚えられますね」と簡単に答えていた。でも一番私をびびらせたのは図面を見せられた時。「こんな図面描ける?」と出されたのは公園等にある時計塔と複雑な曲線を描いた屋根。電気設計で表と直線ばかり描いて来た図面とは正反対の図面。今までの私なら尻込みして口を濁していたけど、はったりかまして「出来ると思います」とやる気をみせることに。
 そしてもう一つ私を怯えさせたのは、「AUTOCADを14年していたなら、全部まかせても大丈夫だね」の一言。どうやらAUTOCADの導入も考えているらしい。今までは外注で図面を発注していたけど、その人が就職したので新しく人をいれることにしたらしい。ということはCADについて訊ける人が誰もいないってこと。14年ATUTOCADを使っていたってそれは同じような、そう代わり映えのしない図面を14年描いてきただけで仕事が変われば使う機能が変わるし初期設定なんて十何年前の話で忘れてるよ。ATUTOCADもJWCADも訊ける人がいないなんて…。
 その会社は去年起業したばかりで求人募集も今回が始めてだと言っていた。「こんなのでいいのかな?」と募集方法を面接時に私に訊いたほど…、もし何回も募集したことがあって何十人も面接していたらきっと募集には、JWCADオペレーター、土木・建築経験者、と記していたと思う。だってその方が仕事がスムーズに進むもの。
 双方の面接時の手応えがよくこれは決まるな、と思ったとおり2日後、私の誕生日に採用の電話がきた。ただし、私のはったりを見破ったのか募集時にはなかった「三ヶ月間試用期間」がもうけられた。出社日はパソコン環境を整えるから一ヵ月後でその間にJWCADの練習をしてくださいと言われた。もちろんそのつもりだった。

 冷静になれば起きる物事がどのように繋がっていくのか解かって面白い。仕事が見つかるまで右往左往して落ち込んだり開き直ったりしたけど、当初の望み通り(正社員じゃなかったけど)秋には仕事が決まり、ちゃんと失業保険が終了する翌週から働けるようになった。
私の誕生日に採用電話がきたのも面白い。
 カウンセラーの人や就活中の同年代の人や何社か面接してくれた企業の人やいろんな人の出会いがあったのも去年とは違う意味での一期一会。その人たちの言葉の中にちゃんと今に繋がる一言があったんだなあと、振り返れば良くわかる。
なんで、あんな仕事の面接にいく羽目になったんだろう?と考えればあの面接人の言葉がなければ今も仕事を探していたかもしれない。ちゃんと意味があるんだ。

人生って楽しい。

そろそろ仕事を探さないとやばいんじゃない?と思い始めて求人情報を見始めたのは7月の終わり。私はずーっとCADオペレーターをしてきたので、当然探すのはCAD関係。探し始めてびっくりしたのはCAD関係の求人の少なさ。不景気をまともにくらったのは製造関係で、当然製図をするCADの求人が少ないのは当たり前だと解っていても、私が前社に入社した時はまだCADが珍しく募集はいっぱいあったから、どうしてもその印象が強い。
 求人があっても土木・建築が多く実務経験者がほとんど。前職は電気関係だったから応募ができない求人ばかり。しかも探しているのは正社員。それでも何社か見つけ書類応募したり、面接したりしたけど、丁寧な言葉で不採用通知がくるばかり。
 年齢で跳ね除けられたり、募集とは違う条件があったり正社員は難しい。いっそ専業主婦でもいいんじゃない?何をそんなに一生懸命仕事を探してるの?なんて自問自答しながら、やっぱりまだ引退するには早いし、精神的に若さを保つには社会に出ているのがいいと思っているし、何より働きたい。こんなに働きたいと思っているのに年齢の壁ってなんだろう。
 正社員に見切りをつけて、CADの求人が少ないからパート事務職にも応募して面接したある日。面接が始まったときからなんかまわりくどい言い方をする相手。序所に仕事内容が明らかになると、それは通販のアダルトグッズ注文入力、おまけに電話の問い合わせもあり♪入力だけなら仕事だと割り切ればできそうだけど、電話の問い合わせがすっごーーーーーーく嫌!しかもその年齢だと割り切らないと他に仕事がないとか、このご時世だからなんでもしないとだめだとか肯定させようといろいろ言ってくる。私も仕事なんて選んでたらだめかなーと思い始めたり。だんだん気分は沈んでくる。でもその面接人は便利屋の面接代行人で「今まで沢山の人を面接してきたけど、能力なんてみんな一緒なんだよ。一番みるところは、その人がやる気があるのか、すぐ仕事を辞めないか、コミュニケーション能力があるか、そういうところを見るんだよ」と言っていた言葉。幸いなことに面接までいくのにその先が続かなく自己アピールが下手で受身だった。ワードセミナーで知り合った人が言った「人柄でみてもらいましょ」というのはこうゆことかもしれない。

今年の始まりはリストラから。
予期していたとはいえ、19年勤めた会社を辞めるのはショックなことで気落ちしていた1月、2月。
 失業保険が切れる秋頃か今年いっぱいまでには仕事を探すことにして、久しぶりの長い夏休みを楽しもうと気持ちを切り替えた。それでも失業保険をもらうには認定日までに2回就職活動をした証明が必要で水道橋にある東京しごとセンターに登録をしてカウンセリングを受けたり、ワードやエクセルのセミナーを受けたりした。(これも就活に入る)
 カウンセリングの担当の人には励まされたり、呆れられたり、(秋を目安にしていたからあまり真剣に仕事を探してなかった)20年前に求職していた時とは就活も様変わりをして面食らったり。
 ワードセミナーで知り合った人は同年代で事務職の仕事を7.8社書類応募したけど、面接までいったのは1社だけで、それも落ちたと話していた。不景気で仕事がないと知っていたけど、実際にはまだ企業に応募していなかったので、そんなに大変なんだーとのんきに構えていた当時の私。同じセミナーを受けた前に座っていた50代後半の女性とは「少しお話しましょ」と声をかけられ人見知りをする私には珍しく話たりもした。「パソコンができなくったて人柄をみてもらって頑張りましょう」なんてワードのテキストを見ながら「そうですね」と言いながら、「今はパソコンできないとだめだよなー」なんて思ったり。 まだ真剣に仕事は探してなかったけど、あちこちで聞くスキルアップ、率先力という言葉に辟易して、企業に人を育てる気がないことを痛感した。

訳あって新しいソフトを習得中。
これがなかなか癖があって一筋縄じゃいかなそう。
マウスの使い方が全然違う、知らないメニューが出てくる。
「出来ます」とはったりかましたもんで、あ~胃が痛い。


加えて既存の、もう何年も使っていた同類のソフトの使い方を
見直してみたら、

基礎から使いかたが違うー!!

独学で習得したからもう、根本から間違っている!
これも勉強し直しの上、初期設定をしたことがないから
これもはじめから覚えなきゃ!しかもこのソフト
高額だから持ってない…頭の中で覚えなきゃ!
あ~追い込まれている…。

二重に胃が痛い…そのうえ追い込まれすぎて睡眠不足。

がんばれ!がんばれ自分!
プロフィール

MIZUHO ">

Author:MIZUHO
Bonjour!
好きなことは旅と写真とお花とお茶、スピリチュアルの探求とぐーたら。
ネコとフランスと山形に激しく反応します。
Camera:Canon EOS KISS X7

月刊アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。